ニュース

2008年07月02日

「酸化LDL」は真の悪玉コレステロール

カテゴリーキーワード:
糖尿病の予防 糖尿病合併症
高脂血症治療・動脈硬化予防・心筋梗塞発症抑制に応用性

 心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の原因のひとつとして、血中コレステロール値の上昇が知られている。動脈硬化を進行させる主要な要因は、「悪玉コレステロール」とも呼ばれるLDLのごく一部の成分である「酸化LDL」であるという研究が発表された。

 この研究は、片桐秀樹・東北大学大学院医学系研究科創生応用医学研究センター教授、岡芳知・分子代謝病態学分野教授ら研究グループによるもの。

 実験マウスを使い研究を行った結果、酸化LDLだけを減らしたマウスでは動脈硬化の進行が予防され、酸化LDLが真の「悪玉コレステロール」であることを確かめた。

 研究グループは次の研究実験を行った―
(1) 高脂血症モデルマウスに遺伝子導入することで、血中の総コレステロールやLDLの値をほとんど減らさず、酸化LDLだけを減らすことに成功。
(2) 4週間後、高LDLコレステロール血症のマウスと比較した。この対照マウスは実験前より動脈硬化の病変部分が約4割増加した。酸化LDLだけを減らしたマウスは動脈硬化が悪化しなかった。
(3) マウスを詳しく解析することで、LDLが酸化されて生じる酸化LDLが、全身に酸化ストレスをもたらして動脈硬化を引き起こすことをつきとめた。

 心筋梗塞や脳梗塞などの発作は、動脈硬化病変が破裂して血管が詰まることが引き金となり起こる。今回の研究により、酸化LDLは動脈硬化病変を破裂しやすくする働きがあることもあきらかになったという。

 片桐教授らは「酸化LDLだけを減らす治療法を開発すれば、動脈硬化の進展を止め、発作の発症も予防する動脈硬化の改善も可能になる」と話している。

 研究成果は米科学誌「Circulation」に掲載される予定

東北大学大学院医学系研究科・医学部

[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲