資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
ウォーキングはジムに通うよりも効果的 体重を減らしお腹を引き締める
2015年11月26日
カテゴリー:2015年 運動療法 

 1日30分の活発なウォーキングを続けると、適正な体重を維持し、ウエストラインを細く保つことができる。スポーツジムに通う場合に比べ、ウォーキングの効果はより大きいことが5万人以上を対象とした調査で明らかになった。
1日30分以上のウォーキングはジムに通うよりも効果的
 1日30分以上の活発なウォーキングを毎日続けている50歳以上の男性と全年齢の女性は、ランニングやサイクリングなどのより強度の高い運動をしている人に比べ、体重の増加が少なくウエストラインも細い傾向があることが明らかになった。

 この研究は、社会科学を主な対象とする英国の研究機関「ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス」によるものだ。研究チームは運動と健康の関連について、費用対効果の観点から研究している。

 研究チームは1999~2012年に行われた英国健康・栄養調査に参加した5万人以上のデータを解析し、強度の高い運動を習慣として続けている人の体重やウエストラインの変化について調べた。

 その結果、1日30分以上の活発なウォーキングを続けている人は、スポーツジムに通いランニングやサイクリングを続けている人に比べ、体格指数(BMI)がより少なく、ウエストラインも細い傾向があることが明らかになった。

 「ランニング、サッカー、テニス、スカッシュ、ランニングなどの激しいスポーツに比べても、ウォーキングのメリットは大きいことが明らかになりました」と、研究を主導したグレイス ローダン氏は言う。

 ウォーキングに取り組んでいる人は運動を毎日行っているが、激しいスポーツをする人は週末などに集中的に運動している傾向があるという。「ウォーキングは毎日行うと効果が高く、スポーツジムに通うよりも効果的であることが示されました。ただし、散歩程度では十分な強度を得られないので注意が必要です。脈拍数が上昇し汗をかく程度の活発なウォーキングが必要です」と、ローダン氏は指摘する。

 英国の運動ガイドラインはウォーキングなどの中強度以上の運動を週に150分行うことを推奨しているが、実際に実行しているのは成人の20%未満だという。運動不足が原因となる肥満などによって、年間に約1,800億円(10億ポンド)以上の医療費が費やされている。

 「スポーツジムに加入する人は、はじめのうちは熱心にジムに通いますが、次第にその頻度が低くなる傾向があります。その点、ウォーキングはいつでもどこでも取り組めるので継続しやすく、費用もかかりません。ジムに通うのに比べウォーキングは簡単にはじめられます」と、ローダン氏は言う。

毎日30分のウォーキングが体を変える
 1日に1万歩以上歩いていれば、週に150分のウォーキングを達成するのは難しくない。運動をする習慣のない人の1日の平均的な歩数は6,000~7,000歩だが、あと3,000~4,000歩多く歩くことを心がければ、運動不足を解消できる。

 「ウォーキングの効果は50歳以上の女性でより際立っており、男性よりもBMIが大きく下回っていました。ただし、仕事と家事を両立している女性は、毎日の多忙なスケジュールの中でウォーキングの時間をとれない傾向があります」と、ローダン氏は指摘する。

 「ウォーキングは健康増進のために効果的な手段となり、肥満や高血圧、糖尿病などの予防・改善の効果もある。「多忙な毎日をおくる人も、1日30分の時間を確保できるよう、ワーク・ライフ・バランスを調整することを考えるべきでしょう」と、ローダン氏は指摘する。

Regular brisk walking is best exercise for keeping weight down, says LSE research(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス 2015年11月3日)
Do All Activities "Weigh" Equally? How Different Physical Activities Differ as Predictors of Weight(Risk Analysis 2015年5月20日)

[ Terahata ]
カテゴリー :2015年  運動療法  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!