ニュース

2008年11月28日

カテゴリーキーワード:
世界糖尿病デー

糖尿病とともに半世紀を生きる 第6回「リリー インスリン50年賞」

第6回「リリー インスリン50年賞」表彰式
 インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者を表彰する第6回「リリー インスリン50年賞」(日本イーライリリー主催)の表彰式が、「世界糖尿病デー」である11月14日に浜松町東京會舘で開催された。

 「リリー インスリン50年賞」は、インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者の長年の努力を称えるために、1974年に米国で設立された30年以上の歴史を誇る賞。これまでに米国を中心に約1500人が受賞している。日本でも2003年に表彰が開始され、今回の受賞を含め22人が受賞した。

 今年は過去最多の9名が受賞した。受賞者には、本人の名前を刻印した純銀製の特製メダルと、世界糖尿病デーのシンボルカラーに染められた「青いバラ」が贈られた。

糖尿病とともに、人生を前向きに生きる大切さ
 リリー インスリン50年賞の受賞者が糖尿病を発症した時期は、現在の医療からみると治療は大変に困難だった。インスリン療法や適切なケアを行うことで健康的に生活できることは、いまでこそ常識となっていても、50年前にはなかなか通用しなかった。糖尿病に対する「就職や結婚が難しく、出産できない」などといった誤解や偏見も少なくなかった。

 日本でインスリン自己注射の保険適用が開始されたのは1981年。それまでは医療機関以外でのインスリンの自宅注射(自己注射)は、原則として認められていなかった。また、血糖自己測定の保険適用は1986年で、それまで血糖測定は病院でしかできなかった。患者の多くは尿糖をみながら治療をしていた。

 インスリン製剤や注入器は50年でめざましく進歩したが、当時は現在使われている便利なペン型注入器はなく、バイアル(ガラス瓶に入ったインスリン)と注射器を使っていた。また、いまでは考えられない太い注射針を鍋で煮沸しながら注射していた。

 第6回の表彰式では、受賞者の中から代表者2人が、50年以上にわたる糖尿病との付き合い方や、糖尿病患者への励ましのメッセージを力強く話した。

 中村和之さんは、30歳代でインスリン治療を開始。医科大学を卒業後、血糖コントロールを行いながら内科医として、糖尿病教室の担当、患者会の立ち上げ・支援、糖尿病治療と支援にも尽力した。今回の受賞は結婚50年の金婚の年にも当たる。「糖尿病があったから健康に気を付けていられた。糖尿病が命の恩人といってもよい」と語る。

 ニルス・オルソンさんは、6歳(小学校1年生)のときに発症した。宣教師を志して神学校に入学、1978年に宣教師に任命され来日。「50年は長かった。インスリンは自分を支えてくれる友達のようなもの。インスリンのおかげで生きられる。理解し支えてくれる方々に感謝している」。

 高山春恵さん小学5年で1型糖尿病を発症。医師から「子供を作ってはいけない」と言われたが、あきらめずに頑張り、男児を出産した。「糖尿病であっても何でもできる。前向きに人生を生きてほしい」と話している。高山さんは1984年に40歳未満の女性のための患者会「インスレディの会」を結成し、2004年に社会活動や貢献の高い小児発症の1型糖尿病患者に贈られる「ガリクソン賞」を受賞した。

受賞者のプロフィール表記に一部間違いがありました。
訂正しお詫び申し上げます。(12月4日訂正)
インスリンは50年で大きく進歩した
 1型糖尿病は、膵臓のランゲルハンス島β細胞が破壊され、インスリンが分泌されなくなり発症する。生活習慣病である2型糖尿病とは全く異なり、免疫異常やウイルス感染などが原因と考えられている。1型糖尿病を発病すると生涯インスリン注射が欠かせない。

 インスリンが発見され治療に使えるようになるまで、1型糖尿病は発症すると急速にやせ細り、最後は昏睡して死に至る恐ろしい病気だった。インスリンの歴史は、より優れた製剤開発の歴史でもある。インスリンは1921年にカナダのトロント大学のフレデリック・バンティングとチャールズ・ベストによって発見された。世界初のインスリン製剤は、1923年に米国のリリー社の研究者がバンティングとベストと共同で開発された。

インスリン療法は進歩している
写真は最新のインスリンペン型注入器「ヒューマログ注®ミリオペン®」

ディスポーザブル型(注入器と製剤が一体になった使い捨てタイプ)のインスリン注入器。注入感を軽くスムーズにし、手の力が弱い人も扱いやすいようにしてある。
 当初はインスリンを牛などの膵臓から抽出していたが、不純物が多くアレルギーで皮膚が赤くなるなど副作用があった。1980年代に入ると最先端の遺伝子工学の応用により、ヒトインスリンの合成が実現した。動物由来のインスリンに比べ、ヒト由来のインスリンと同じアミノ酸配で、アレルギーなどが起きにくい。現在ではインスリン治療はヒトインスリンが一般的に使われている。世界初のヒトインスリン「ヒューマリン」は、米リリー社によって1982年に発売された(日本では1986年)。

 1990年代には、遺伝子組み換え技術を用いて、新たに超速効型インスリンが登場した。米リリー社の世界初の超速効型インスリンアナログ「ヒューマログ」は1996年に発売された(日本では2001年)。

 現在ではインスリン製剤は、作用発現時間や作用持続時間によりさまざまなタイプのものが開発され、個々の患者の病態や治療に合わせ選べるようになっている。インスリンペン型注入器も進歩しており、手の力が弱くても使いやすいタイプ、一見して注入器に見えない患者の心理に配慮したタイプなど、さまざまなものを使えるようになっている。

第6回「リリー インスリン50年賞」 受賞者
  中村和之さん(東京都)
  杉本清子さん(神奈川県)
  河副明子さん(神奈川県)
  小一原昇さん(東京都)
  高山春恵さん(神奈川県)
  ニルス・オルソンさん(福岡県)
  小川京子さん(千葉県)
他2名の受賞者については本人の希望により情報未公開
「リリー インスリン50年賞」について、主催している日本イーライリリーにサイトをご覧ください。
  Diabetes.co.jp 日本イーライリリー(株)
  日本イーライリリー(株)
[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲