資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
患者さんと医療スタッフのホンネ、“良い関係づくり”のヒントに
2013年07月18日

 6月からスタートした「患者さんのほんね、医療者のホンネ」は、当サイトで行ったアンケートの自由記述欄にいただいたコメントを紹介するコーナーです。第2回のテーマは、「患者さんと医師・医療スタッフの相性」。皆さんの“本音”をたっぷりご紹介します。

 糖尿病は長期間にわたり通院する必要がある疾患です。また、糖尿病は、患者さん自らが主体的に取り組まなければならない病気で、自分の身体と毎日向き合わなくてはなりません。

 しかし、治療方針が決まってしまうと、次第に経過を見ながら薬物療法を適宜処方するだけのルーティンな診療になり、患者さんも血糖コントロールへの意欲を失ってしまう……というようなケースに意外と陥りやすいようです。そんな中で、患者さんのモチベーションを保ち続け、良好な血糖コントロールを維持するためには、どうすれば良いのでしょうか?

 今回公開したコメントからは、ちょっとした医療者の気遣いで、血糖コントロールが良くなった方もいれば、無意識な一言がトラウマになってしまった方もいらっしゃいました。

 その一方で、医療者側のコメントからは、どのような患者さんとも良好な関係を築けるよう、日々努力されている様子が垣間見えます。しかし、実際には、「指導」を「説教」と受け取られてしまう、多忙で話をする時間がとれないために「冷たい」とレッテルを貼られてしまうなどの誤解やすれ違いに悩んでいる方も多いようです。

 患者さんと医師・医療スタッフの“良い関係づくり”には何が必要なのか。今回公開されたコメントを一読してみると、そのヒントが数多く散りばめられています。

 アンケートにご協力いただいた皆さんの「ホンネ」を、ぜひお役立てください。

患者さんのほんね、医療者のホンネ
「第2回 患者さんと医師・医療スタッフの相性

「患者さんのほんね、医療者のホンネ」 今後のテーマ

2013年 6月 糖尿病の不便・不満・ストレス
7月 患者さんと医師・医療スタッフの相性
8月 糖尿病と旅行(仮)
9月 災害時の備え(仮)   (以後、毎月公開予定です

ネットワークアンケート

食事、運動、治療法、医療費など、糖尿病ネットワークが行った数々のアンケートの一覧です。 詳しくはこちら

糖尿病情報BOX&Net.

糖尿病医療に携わる医療スタッフ向けに糖尿病関連領域の最新情報を発信するニュースレター。毎号、糖尿病に関するアンケートを実施しています。 詳しくはこちら

[ DM-NET ]
カテゴリー :2013年  糖尿病ネットワーク  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!