ニュース

2022年05月09日

ウォーキングなどの運動が糖尿病リスクを減少 うつ病や死亡のリスクも低下 とにかく体を動かすことが大切

 なるべく車を使わず、ウォーキングなど体を動かす移動手段に切り替えることで、心臓病・脳卒中・早死のリスクを減らせることが、英国のケンブリッジ大学の研究で明らかになった。

 運動は体の健康に良いだけでなく、心の健康にも良い。運動は身体的な健康だけでなく、うつ病のリスクも低下させることも明らかにしている。

 週に150分の活発な運動をしている人は、糖尿病リスクが3分の1以上減少することも分かっている。

車での移動を減らす、ウォーキングを増やすと、死亡リスクが減少

 車を運転する頻度を減らし、代わりにウォーキングやサイクリングをすることで、心血管疾患で死亡するリスクをほぼ3分の1も減らすことができることが、英国のケンブリッジ大学の研究で明らかになった。

 なるべく車を使わず、体を活発に動かす移動手段に切り替えることで、心臓病・脳卒中・早死のリスクを減らすことができるという。

 「多くの人は毎日、忙しい生活をおくっており、運動のために十分な時間をとれないでいます。よりアクティブになり、生涯アクティブであり続ける方法をみつけることが必要です」と、同大学ダイエット・アクティビティ研究センター(CEDAR)のジェナ パンター氏らは言う。

 「ウォーキングなどの運動は、いつでもどこでも手軽に取り組めるので、多くの人にとってスポーツジムに通うよりも魅力的で実用的かもしれません」。

 研究グループは、50万人の英国人が参加している、遺伝情報や健康情報を含む、大規模な研究用データベースである「UK Biobank」から、37~73歳の35万8,799人のデータを解析した。

 車で通勤している人に比べ、徒歩で通勤し、より活発に体を動かしている人は、心臓病や脳卒中を発症するリスクが11%低く、それらの病気による死亡リスクが30%低いことに関連していた。通勤や日常の移動などあらゆる形態でみると、この関連はさらに強くなった。

運動をするとうつ病のリスクも低下

 運動は体の健康に良いだけでなく、心の健康にも良い。運動は身体的な健康だけでなく、うつ病のリスクも低下させることも、研究グループは明らかにしている。

 研究グループは、合計19万1,130人を対象とした、日本で行われた研究1件を含む、15件の前向き研究を系統的レビューおよびメタ解析した。うち2万8,806人がうつ病を発症した。

 週に150分(1日に30分)の活発なウォーキングに相当する運動をしている人は、うつ病のリスクが25%低かった。さらに、その半分の運動量であっても、うつ病のリスクは18%低くなった。

 「運動をしている人は、うつ病のリスクが減少することが明らかになりました。ガイドラインで推奨されている量を満たさない運動であっても、メンタルヘルスに良い影響があらわれます」と、同大学身体活動疫学グループのソレン ブレイジ氏らは言う。

 ウォーキングなどの運動は、脳の血液の流れを良くし、炎症と免疫反応も改善すると考えられている。運動により心肺機能が向上し、体力が増すだけでなく、ストレス解消の手段にもなり、自己評価や幸福感を高めることにもつながる。

 「体かを動かさないでいることが、もっともリスクが高いことが示されました。国民のすべてが、推奨されている量の運動を習慣として行うようになると、うつ病の9分の1を予防できる可能性があります」としている。

運動は糖尿病のリスクを減らす とにかく体を動かすことが大切

 推奨されている週に150分(1日に30分)の運動を行っている人は、2型糖尿病のリスクが少ないことが、ケンブリッジ大学とユニヴァーシティ カレッジ ロンドンの過去の研究で明らかになっている。

 ウォーキングなどの活発な運動を毎日1時間行っている人は、2型糖尿病のリスクは40%減少するという。ただし、推奨量を満たしていなくとも、運動は糖尿病リスクを減らすのに役立つ。とにかく体を動かすことを心がけることが大切だ。

 研究グループは、米国・アジア・オーストラリア・欧州で実施された23件の研究のデータを解析した。運動不足の人に比べ、週に11.25エクササイズ(週に150分の中強度の運動に相当)の運動をしている人は、糖尿病の発症リスクが36%減少することと関連していた。週に60エクササイズと、さらに活発な運動をしている人は、糖尿病リスクが53%減少した。

 「2型糖尿病は世界的に急増しており、肥満の急速な増加が影響しています。運動や身体活動には、これを逆転させる大きな可能性があります。お昼休みに職場や住居の近くを歩いてみるなど、簡単な運動で良いので、なるべく体を動かすことに取り組むべきです。国の政策には、運動を増やすための政策や環境づくりが求められます」と、ブレイジ氏は述べている。

Walking and cycling rather than driving may reduce your risk of dying from cardiovascular disease by almost a third (ケンブリッジ大学 2018年5月22日)
Ditching the car may reduce your risk of dying from heart disease and stroke by almost a third (Conversation 2018年5月22日)
Using alternatives to the car and risk of all-cause, cardiovascular and cancer mortality (Heart 2018年5月21日)
Association between physical activity, risk of depression (JAMA NETWORK 2022年4月13日)
Association Between Physical Activity and Risk of Depression: A Systematic Review and Meta-analysis (JAMA Psychiatry 2022年4月13日)
"Some is good, more is better": Regular exercise can cut your diabetes risk (ケンブリッジ大学 2016年10月18日)
Physical activity and incident type 2 diabetes mellitus: a systematic review and dose-response meta-analysis of prospective cohort studies (Diabetologia 2016年10月17日)
[ Terahata ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled 記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲