資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病と月経不順の関係 糖尿病と女性のライフサポート研究会
2015年04月10日

 糖尿病とともに生きる女性のより良い生活を支援する研究を行う「糖尿病と女性のライフサポート研究会」(代表:田中佳代・久留米大学医学部看護学科母性看護学准教授)は、「糖尿病と女性のからだ〜(3)えっ?月経不順と糖尿病って関係あるの?」を公開しました。
糖尿病の女性は月経不順になりやすい?
 月経異常を伴うことの多い摂食障害(拒食や極端な食事制限や嘔吐・下剤の乱用などを起こすことがあります)は、1型糖尿病女性では多くみられます。

 また、周期的にあった月経が3ヵ月以上とまってしまう原因のひとつに、「多嚢胞性卵巣症候群」(PCOS)がありますが、「インスリン抵抗性」(インスリンが効きにくくなっている状態)がPCOSに深く関わっていることが知られています。

 糖尿病女性の20%が月経不順を経験しており、月経が不規則であった1型糖尿病の女性はHbA1c値が高いという報告もあります。

 糖尿病だから月経不順になるというわけではありませんが、関連がある場合もあります。糖尿病とともに生きる女性は、自分の月経周期を把握しておく必要があります。

月経周期と直近のHbA1C値の関連
 詳しくは下記ページをご覧ください。

[ Terahata ]
カテゴリー :2015年  糖尿病ネットワーク  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!