資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
インスリン療法中の糖尿病患者2,650人の調査結果を発表
2013年06月19日

 今年3月に、糖尿病ネットワークで実施した「インスリン療法と医療費に関するアンケート」(委託者:日本イーライリリー株式会社)の調査結果を公表した。長期間にわたる医療費負担を求められる糖尿病のインスリン療法患者を対象に、現在の治療と医療費に対する考えを聞き、安心して治療を継続するためにどのようなことを求めているかを探った。

インスリン療法と医療費に関するアンケート
インスリン療法と医療費に関するアンケート

 現在、糖尿病治療を行っている約890万人の患者の中で、インスリン療法を行っているのは約100万人と言われている。この治療を行っているのが、膵臓からのインスリン分泌がほとんどない1型糖尿病患者と、血糖コントロールをより安定させるためにインスリン療法が必要な2型糖尿病患者。インスリン療法は、患者数の多い2型患者が多くを占めるが、1型患者は絶対数は少ないものの命をつなぐために欠かせない治療法となっている。

 アンケートは、インスリン療法中の糖尿病患者を対象にインターネットで行われ、全国から2,650名(1型患者949名、2型患者1,594名、妊娠糖尿病などその他の患者107名)の有効回答が得られた。質問は大きく分けて、「現在受けているインスリン治療」と「医療費」の2つのテーマで40問余りに及んだが、すべてにおいて丁寧かつ真摯な思いのこもった回答を頂戴することができた。

2011年国民健康・栄養調査

9割の患者が「医療費の負担」感じるも
主治医に相談したことない

 糖尿病ネットワークで過去にも何度か聞いたことがある質問であるが、まずは医療費の負担感をうかがったところ、86%が「負担である」と答え、中でも40%は「たいへん負担である」とのことだった。医療費(自己負担額)は「10,000〜15,000円未満」が最も多く約4割。全体で約7割の患者が毎月1万円以上を支払っており、年間20万円を超える人も多くいた。生活保護や人工透析などで医療費助成がない限り、年収が1千万を超える人も200万円以下であっても、負担額は変わらないので、無職の人やパート・アルバイト等、安定した収入がない人は負担感が非常に高い。しかし、インスリンが命綱となっているので、やめたくてもやめられない。だから払えなかったら死ぬしかない、と考える患者も多い。調査でも、医療費を支払うために生活をきりつめ、食費を抑えているという人が45%いた。そして、医療費の支払いが苦しくても、主治医に「相談したことがある」人は1割で、「相談したいけどしたことがない」人は4割にも上った。


[ DM-NET ]

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!