資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病の死亡率「もっとも低いのはこの県」 厚労省の全国死亡率調査
2012年03月02日
カテゴリー:2012年  糖尿病合併症 

 日本人の糖尿病の死亡率は男女ともに減少傾向が続いていることが、厚生労働省の「都道府県別年齢調整死亡率」調査で分かった。厚労省では「医療の進歩の影響が大きい」と分析している。
糖尿病の年齢調整死亡率は減少
 年齢調整死亡率は、各都道府県の高齢者割合の違いを調整して計算した人口10万人当たりの死亡数。2010年は全体では、全国平均で男性544.3人、女性274.9人で、前回(2005年)に比べそれぞれ48.9ポイント、23.7ポイント低下した。

 男性の年齢調整死亡率を都道府県別にみると、低い都道府県は長野(477.3人)、滋賀(496.4人)、福井(499.9人)、高い都道府県は青森(662.4人)、秋田(613.5人)、岩手(590.1人)だった。女性の年齢調整死亡率を都道府県別にみると、低い都道府県は長野(248 8人)、新潟(254.6人)、島根(254.7人)、高い都道府県は青森(304.3人)、栃木(295.7人)、和歌山(294.5人)だった。

 長野の死亡率が低い理由を、同省は「地域の保健師らによる食生活改善の促進や、予防対策への取り組みが熱心なのでは」と指摘。東北地方で高い地域が目立つのは「塩分の過剰摂取などの食生活や運動不足、喫煙といった生活習慣などが要因が考えられる」としている。

 2005年と2010年の年齢調整死亡率を比較すると、男女ともにほぼ全都道府県で低下しているが、都道府県別の傾向に大きな変化はない。以前は西日本に年齢調整死亡率の低い都道府県が多く、東日本に高い都道府県が多くなっていたが、近年は年齢調整死亡率の全国的な低下にともなって、地域差は小さくなってきている。厚労省は要因を「東高西低傾向のある脳血管疾患の死亡率が、全国的に大幅に低下し、差が小さくなってきている」と分析している。

糖尿病死亡率 ベストは男性 滋賀県、女性 熊本県
 三大死因(がん、心疾患、脳血管疾患)による死亡の状況をみると、がんは男性182.4人、女性92.2人、心疾患は男性74.2人、女性39.7人、脳血管疾患は男性49.5人、女性26.9人となっている。

 心疾患や脳血管疾患は、糖尿病とも関連が深く、血糖コントロールが不良であると発症の危険性が高くなる。心疾患や脳血管疾患の死亡率も低下傾向が示されている。1995年の年齢調整死亡率と比較すると、心疾患の男性では25.5ポイント、女性では18.7ポイント、脳血管疾患の男性では49.8ポイント、女性では37.1ポイント低下した。

 糖尿病に限ってみると、2010年の年齢調整死亡率は男性は滋賀、奈良、広島で低く、青森、茨城、山梨で高かった。女性は熊本、佐賀、大分で低く、徳島、香川、静岡で高かった。2005年と2010年の年齢調整死亡率を比較すると、全国では男性は7.3人から6.7人に、女性は3.9人から3.3人に低下し、都道府県別では、男性は31都道府県で、女性は37都道府県でそれぞれ低下した。

都道府県別年齢調整死亡率(糖尿病)
平成22年都道府県別年齢調整死亡率(厚生労働省)
[ Terahata ]
カテゴリー :2012年    糖尿病合併症  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!