ニュース

2023年11月28日

健康的な食事で糖尿病の人のうつ病を予防 バランスの良い食事は心も健康にする 医療費も減らせる

 糖尿病の人のうつ病を予防するために、食事の栄養バランスが大切であることが明らかになった。

 バランスの良い健康的な食事は、糖尿病の人の血糖管理を改善するのに役立つだけでなく、うつ病や不安症の症状を軽減するうえでも、潜在的なベネフィットをもたらすという。

 健康的な食事スタイルは、医療費を減らすためにも有用である可能性も示された。

食事を健康的に変えるだけでも、心臓病・脳卒中・2型糖尿病に関連するリスクを軽減できる。合併症を予防することで、医療費も減らせる。

食事療法は体と心の両面で役立つ

 糖尿病の人のうつ病を予防するために、食事の栄養バランスが大切であることが、米国のジョージ メイソン大学の研究で明らかになった。

 米国疾病予防管理センター(CDC)によると、糖尿病とともに生きる人は、そうでない人に比べて、うつ病になる可能性が2~3倍高いという。

 うつ病の治療として、精神療法・カウンセリングや薬物療法が行われているが、最近の研究で、栄養学の面からのアプローチも重要であることが分かってきた。

 「食事からの栄養摂取には二重の役割があり、2型糖尿病の人の血糖管理や合併症の予防だけでなく、うつ病や不安症などのメンタルヘルスへの影響の点でも重要であることが分かってきました」と、同大学公衆衛生学部のラエデ バシリ氏は言う。

 「バランスの良い健康的な食事をとっている糖尿病の人は、メンタルヘルスも良好である傾向が示されました。食事療法は、体と心の両面で役立つ可能性があります」としている。

バランスの良い健康的な食事は心にも良い

 研究グループは今回、食事行動と糖尿病の管理、うつ病や不安症などのメンタルヘルスとの関連を調べた103件の研究をメタ解析した。

 その結果、▼野菜、▼食物繊維が豊富に含まれる全粒穀物、▼タンパク質が多く脂肪の少ない肉や魚、▼大豆、▼豆類、▼ナッツ類、▼低脂肪の乳製品、▼新鮮な果物が含まれる、バランスの良い健康的な食事をとることと、2型糖尿病やうつ病や不安症などのメンタル不調のリスクの低下は関連しているが明らかになった。

 さらに、サバやイワシなどの青魚や、大豆油やアマニ油などの植物油に含まれるn-3系脂肪酸、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB、葉酸、セレン、クロム、マグネシウムなどの必須栄養素が不足している人は、2型糖尿病とメンタルヘルスの両方で、症状の悪化などの好ましくない傾向がみられることも分かった。

 「バランスの良い健康的な食事は、糖尿病の人の血糖管理を改善するのに役立つだけでなく、うつ病や不安症の症状を軽減するうえでも、潜在的なベネフィットをもたらすことが示されました」と、バシリ氏は指摘している。

 「食事の改善は、糖尿病・うつ病・不安症の予防と管理のための積極的な戦略となる可能性があります。糖尿病とともに生きる人が、健康増進のための十分な情報にもとづき、食事スタイルを改善できるようにすることが望まれます」としている。

健康的な食事は医療費を減らすのにも有用

 米国のハーバード大学医学部やブリガム アンド ウィメンズ病院による別の研究では、健康的な食事スタイルは、医療費を減らすためにも有用である可能性が示されている。

 健康的な食事を実現することで、年間に全体で7兆円(500億ドル)の医療費を削減できる可能性があるという。

 「食事スタイルを健康的に変えていくために、適切な情報が必要です」と、ハーバード大学医学部で心臓血管医療を研究しているトーマス ガジアーノ氏は言う。

 「食事を健康的に変えるだけでも、心臓病・脳卒中・2型糖尿病に関連するリスクを軽減できます。合併症を予防することで、医療費も減らせることが示されました」としている。

 心臓病・脳卒中・2型糖尿病などの代謝性疾患などは、米国で亡くなる人の原因疾患として最大で45%を占めており、そのすべてに不健康な食事が関わっているとみられている。

1人ひとりが食事を見直すと社会全体で大きな変化が生まれる

 同大学は今回、タフツ大学栄養科学・政策学部と協力し、米国国民健康栄養調査(NHANES)の35~85歳の成人データを使用して、100万人の米国を代表するモデル母集団を作成して解析した。

 その結果、健康的な食事により、年間に1人あたり4万4,000円(300ドル)、国民全体で7兆円(500億ドル)の医療費を削減できることが分かった。

 不健康な食事が関わっているとみられている心臓病・脳卒中・2型糖尿病の医療費は、合わせると全医療費の18%を占めているという。

 研究グループは今回、10の食品グループ[野菜・全粒穀物・未加工の赤身肉・加工肉・ナッツ類・多価不飽和脂肪の多い食品・n-3系脂肪酸の多い魚介類・果物・糖質の多いお菓子や飲料、塩分の多い食品]について解析した。

 「近所のスーパーで購入する食品を少し変えるだけでも、健康的な食品を選ぶことで、心血管疾患や2型糖尿病などの心代謝性疾患に関連する医療コストを20%も削減できます」と、ガジアーノ氏は言う。

 「1人ひとりがご自分の生活を見直して、より健康的な食事スタイルを採用することで、社会全体で大きな変化が生まれます」としている。

Poor nutrition contributes to poor mental health and risk of diabetes (ジョージ メイソン大学 2023年11月20日)
Exploring the Interrelationships between Diabetes, Nutrition, Anxiety, and Depression: Implications for Treatment and Prevention Strategies (Nutrients 2023年9月30日)
Key Nutrients for Optimal Blood Glucose Control and Mental Health in Individuals with Diabetes: A Review of the Evidence (Nutrients 2023年9月10日)
Healthy Diet Could Save $50B in Health Care Costs (ブリガム アンド ウィメンズ病院 2019年12月17日)
Cardiometabolic disease costs associated with suboptimal diet in the United States: A cost analysis based on a microsimulation model (PLOS Medicine 2019年12月17日)
[ Terahata ]
日本医療・健康情報研究所

食事療法の関連記事

play_circle_filled 記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲