ニュース

2018年03月29日

1型糖尿病妊婦にクローズドループポンプ療法が有用 SAP療法とのクロスオーバー試験

1型糖尿病妊婦にクローズドループポンプ療法が有用 SAP療法とのクロスオーバー試験

 1型糖尿病の妊婦では、クローズドループ型のインスリン送達システムによって、パーソナルCGM(持続血糖測定)機能を搭載したインスリン療法(sensor-augmented pump;SAP療法)と同程度の血糖コントロールが得られる上に、低血糖の発生頻度は有意に低いことが「Diabetes Care」3月13日オンライン版に掲載の論文で報告された。

記事全文は「糖尿病リソースガイド」でご覧ください ▶

[ DM-NET ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲