資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
DPP-4阻害薬「リナグリプチン」の第3相試験データ 低血糖増やさずHbA1cを改善
2010年06月28日

 ベーリンガーインゲルハイムが開発中のDPP-4阻害薬「リナグリプチン」の第3相臨床試験データが、このほど第70回米国糖尿病学会(ADA)で発表された。リナグリプチンは、2型糖尿病を適用とする1日1回投与の経口治療薬で、腎臓からの排泄が5%と少ないことが特徴となる。

 リナグリプチンの第3相臨床試験データが発表されるのは今回が初めて。リナグリプチンはHbA1c値や血糖コントロールを有意に改善し、持続的な血糖コントロールをもたらすことが確かめられ、β細胞機能の改善も認められた。・・・・・・

Ǣ¥꥽

Ǣ¥꥽ɡפϡǢ¤ޡŵܻƳΩʤ䥵ӥξ򡢰դǢ°Ť˷Ȥťåո˸Ƥ󥵥Ȥ

3ǡ1ΡְʡŵפΥʡǤǢ¼򡢿饸ͥåʤޤʬࡦҲ𤷤ƤޤʤޤǴޤӤǤ褦ˤʤäƤꡢܤΤꤿźʸǤޤˡŵ両ʤɡǢ¼Ť˴ؤŪʾƤޤ

2ϡֿˡưˡ襵ݡȡפΥʡ3ΡִϢ󡦻פΥʡǤϡǢ¤˴ؤ뤵ޤޤʻ˥󥯤Ƥޤ

[ Terahata ]
カテゴリー :2010年  医療の進歩  医薬品/インスリン  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!