ニュース

2015年04月10日

カテゴリーキーワード:
医薬品/インスリン

メトホルミンはがん治療に効果的 がん攻撃細胞の機能を回復

 2型糖尿病治療薬「メトホルミン」に、がん細胞を攻撃する免疫細胞を活性化する作用があることが、岡山大大学院医歯薬学総合研究科などの研究で明らかになった。
メトホルミンで治療した患者はがんになりにくい
 メトホルミンは、2型糖尿病患者に世界で最も多く処方されている治療薬だ。これまでに、メトホルミンで長期間治療した患者は、それ以外の薬剤で治療した患者に比べ、がんの罹患率と死亡率が低いことが分かっている。

 研究グループは、がん細胞を移植したマウスにメトホルミンを投与する実験を行い、がんが小さくなることを確認した。

 メトホルミンを投与したマウスのがんの塊に浸潤したCD8T細胞を解析したところ、その数の増加と機能の回復が著しいことが明らかになった。

 一方、がん細胞を攻撃する「T細胞」や「CD8T細胞」を除去したマウスではがんは縮小しなかった。

 がん患者の血液中には、がん細胞を攻撃するCD8T細胞があるにもかかわらず、がんは縮小しない。原因は、がんの塊に浸潤したCD8T細胞が疲弊し、がん細胞を殺傷する能力が失われ、免疫作用を調整するサイトカインを産生する力が失われ、増殖できなくなるからだ。

 メトホルミンを投与すると、CD8T細胞は回復し、細胞死を起こさなくなった。その結果、腫瘍局所にCD8T細胞が長くとどまるようになり、がんを攻撃する機能が回復することが明らかになった。

メトホルミンは長い歴史があり安全性と効果が確認されている
 「ビグアナイド系薬剤」は、欧州のマメ科植物であるガレガソウから抽出された「グアニジン」に血糖降下作用があることが分かり、1950年代に開発された。

 「フェンホルミン」には「乳酸アシドーシス」という副作用があることが分かり使用が中止されたが、「メトホルミン」については、英国の大規模臨床研究「UKPDS」で安全性と効果が確認され、現在も幅広く治療に使われており、欧米では2型糖尿病の第1選択薬になっている。

 メトホルミンは一般的な免疫治療薬や抗がん剤などに比べ安価なのもメリットとなる。「メトホルミンの作用を従来のがん治療法と組み合わせると、治療効果のさらなる改善につながる」と、研究者は述べている。

 研究は、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科免疫学分野の鵜殿平一郎教授と榮川伸吾助教、西田充香子氏らの研究グループによるもので、「米科学アカデミー紀要」電子版に1月26日付けで発表された。

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科免疫学分野

[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲