ニュース

2014年09月23日

カテゴリーキーワード:
糖尿病合併症

結核と糖尿病の合併が増加 「結核は昔の病気ではない」と警告

結核の予防策は良好な血糖コントロール
 結核菌が体内に潜んでいる人が、体の抵抗力が落ちると、潜んでいた菌が活動を始め結核を発病する。

 高齢者では、せきやたんなどの典型的な症状があらわれないケースも多い。微熱や体重減少、食欲減退も結核の兆候だ。発見の遅れは、重症化や感染の拡大につながる。

 予防の基本は、血糖コントロールを改善し、免疫力を高めておくことだ。それに加えて、できるだけ健康的な生活を維持し、細菌に対する抵抗力をつけておくと効果的だ。

 健康的な生活とは、栄養バランスの良い食事をとることと。体をよく動かすこと。運動により血流がよくなると、細胞の修復機能が高まり、抵抗力が強くなる。

 加えて、咳や痰が2週間以上続く、倦怠感が続く、急にやせ衰えるなど、結核の初期症状が現れたら、早めに医療機関で受診することが重要となる。

[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲