資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
アジア人に多い「肥満ではないのに糖尿病」 遺伝子で解明 熊本大
2011年08月19日
カテゴリー:2011年 医療の進歩  

 2型糖尿病についてアジア人が共通してもっている「肥満をともなわない」などの特徴を解明するメカニズムを、熊本大学大学院生命科学研究部の富沢一仁教授(分子生理学)らのグループが解明した。研究は米医学誌「Journal of Clinical Investigation」オンライ版に発表された。
日本人の糖尿病発症のメカニズムは欧米人と異なる
 2型糖尿病は、インスリン分泌能の低下に、インスリン抵抗性(細胞でインスリンの効きが悪くなること)の増大が加わり、インスリン作用が不足した結果、高血糖になり発症する。

 発症には、食べすぎや運動不足、肥満などの生活習慣の他に、遺伝的な要因も大きく関わっている。生活習慣が同じであっても、糖尿病を発症しやすい人とそうでない人に分かれる。

 糖尿病のなりやすさは民族によっても異なる。日本人を含むアジア人では、それほどの肥満でなくとも2型糖尿病を発症する人が多い。ブドウ糖負荷試験を行うと、欧米人では糖負荷後にインスリン分泌量が急速に増えるのに対し、アジア人ではインスリンの分泌量が少ない、分泌が遅れるなど共通した特徴がみられる。

日本人の病態に合った治療法が必要
 アジア人が共通してもっている「インスリン分泌が悪い」、「肥満をともなわない」、「インスリン抵抗性が少ない」という特徴がもたらされるメカニズムを、熊本大学大学院生命科学研究部の富澤一仁教授(分子生理学)らの研究グループが解明した。研究は米医学誌「Journal of Clinical Investigation」オンライ版に発表された。

 「CDKAL1」という遺伝子が正常であると、膵臓でアミノ酸が円滑で正確に組み合わされてインスリンが作られるが、CDKAL1をなくしたマウスに高脂肪食を与えると、肥満にならずに糖尿病を発症することを実験で突き止めた。

 CDKAL1は日本人を含むアジア人の2型糖尿病ともっとも関連のある遺伝子のひとつで、この遺伝子に変異があるとインスリン分泌が悪く、糖尿病になりやすいことが分かっているという。

 これまでの研究で、2型糖尿病に関連する遺伝子を解析する大規模な疫学調査が行われ、日本人での糖尿病発症リスクとCDKAL1の一塩基変異多型(SNPs)の関連性も確かめられた。

 富澤教授は「2型糖尿病では欧米人も日本人も基本的には同じ治療薬が使われている。主流となっているのはインスリン分泌を促進する薬剤だが、今後は、日本人の病態により合致した、長期的に膵臓にダメージを与えない治療法の開発も必要となる」と指摘している。

Decoding infidelity linked to Type 2 diabetes
Deficit of tRNALys modification by Cdkal1 causes the development of type 2 diabetes in mice
Journal of Clinical Investigation, August 8, 2011, doi:10.1172/JCI58056

[ Terahata ]
カテゴリー :2011年  医療の進歩    

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!