ニュース

2011年02月03日

カテゴリーキーワード:
食事療法

食塩・砂糖・脂肪「子供は濃い味が好き?」 味の好みは幼年期に決まる

 子供は食塩、砂糖、脂肪を多く使った刺激的な味付けを好み、幼年期の家庭での食事の味付けが、味覚や食品の選び方に大きく影響するという研究結果が、米国で発表された。味覚が発達する段階で濃い味付けになれると、成人してからも高カロリーで栄養バランスの良くない食事を好むようになるおそれがあると、研究者らは警鐘を鳴らしている。

 腹八分目の食習慣を身につけるために、「濃い味付けの食事を避けた方が良い」といわれることが多い。

 高塩分・高糖分・高脂肪の味付けの濃い食事は過食につながり、肥満や高血圧、2型糖尿病、脂質異常などの発症・進展につながる。また、1日3食の規則正しいリズムが乱れやすくなる。

 「子供の味覚は3〜6歳の時期につくられる。家庭での食事がその後の味の嗜好を決めてしまうので、家庭での食事はとても大切。子供の食習慣の改善について、早い時期に介入することが必要かもしれない」とする研究が米国で発表された。


「家庭での食事が子供の嗜好に大きく影響する」と話すCornwell教授
子供は「高塩分・高糖分・高脂肪」の食品が好き
 「高塩分・高糖分・高脂肪の食事は、味付けが刺激的で、高カロリーになりやすい。習慣的にこうした食品を食べすぎていると、常に濃い味付けを求めるようになるおそれがある。しかし就学前の子供は、健康的な食品の選び方を覚えるのが難しい環境にある」とオレゴン大学のBettina Cornwell教授(マーケティング学)は話す。

 Cornwell教授らの研究チームは、子供の食品に対する好みについて、2つの調査を行った。1つめの調査は、母親が大都市で働いている就学前の子供67人を対象に行われた。

 母親に21種のアイテムを見せ子供の食品の好みについて質問し、子供にはリンゴやバナナ、イチゴ、メロンなどのフルーツ、牛乳、トマトなどの野菜サラダ、グリーンビーンズなどの食品11種と、アイス、ケーキ、スナック、キャンディー類、清涼飲料など味付けしてある食品11種の写真を見せ、好きなものを選ばせた。

「ジャンクフード」のテレビCM規制をよびかけ WHO
 世界保健機関(WHO)は1月21日、塩分や糖分、脂肪を多く含む「ジャンクフード」の過剰なテレビコマーシャルなどを規制するよう、各国政府によびかける声明を発表した。
 若い世代で「高塩分・高糖分・高脂肪」の食事をとりすぎていると、生活習慣病の発症につながり、その影響は一生を通じて続く。「心疾患、がん、2型糖尿病といった生活習慣病は、人々の健康を脅かし、社会的負担の増加につながっている。これらの病気を予防するうえで、健康的な食事を促進することが大切だ」としている。
 WHOによると、世界の就学前の子供でも過体重や肥満が増えており、その数は4300万人に上るという。子供のうちから、健康的な食事と適正な体重管理について教えるよう、各国で対策することが望ましい。
 子供が見るテレビコマーシャルが、栄養価の低い「ジャンクフード」の利用を促しているという研究も報告されている。
Reducing the marketing of unhealthy foods to children(世界保健機関)
 その結果、親子とも糖分、脂質、塩分を多く含む味付けの濃い食品を「子供が好きな食品」として選んだ。子供が刺激的な味付けを好むことが示された。

 2つめの研究では、都市部の5つの幼稚園で108人の就学前の子供を対象に、ファストフードや清涼飲料に対する好みについて調査した。子供はそれぞれ36枚のカードを見せた。うち12枚は米国で人気のあるファストフード・チェーン、6枚は主要な清涼飲料、6枚は普通の食品が示されていた。

 その結果、食品のブランドに対する認知度はそれぞれだったが、子供たちはファストフードや炭酸飲料のカードを正確に選ぶことが分かった。

 Cornwell教授は「子供の嗜好が形成され、食塩、砂糖、脂肪の味付けを好むようになる過程で、ファストフードや炭酸飲料の認知が大きく影響している可能性がある」と指摘する。

 同教授によると、子供の味の好みは3〜6歳でつくられるという。幼少期からファストフードや炭酸飲料を多く与えていると、子供はそうした食品を優先して選ぶようになる。「おそらくは、そうした食品を頻繁に与えているうちに、子供は食品のブランドまで覚えてしまったのだろう」とCornwell教授は話す。

 米国を含む多くの国で小児肥満が増えている。家庭での食事は、子供の嗜好に大きく影響する。「家庭では意識して、高カロリーで栄養素の低い“ジャンクフード”をなるべく減らし、健康的な食事におきかえる工夫が必要だ。体重管理や食事療法にのみ目が行きがちだが、実は子供の味の好みの形成にも関わる重要なことだ。そうした対策は、早い時期に始めた方が良いだろう」と強調している。
Preschool kids know what they like: salt, sugar and fat(オレゴン大学、2011年1月25日)

[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲