資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
国内初のGLP-1受容体作動薬「ビクトーザ」の承認取得
2010年01月21日

 ノボ ノルディスク ファーマは1月20日、国内初のGLP-1受容体作動薬となる「ビクトーザ®皮下注18mg」(一般名:リラグルチド(遺伝子組換え))の製造販売承認を厚生労働省より取得したと発表した。

 ビクトーザ®は、日本初となるヒトGLP-1アナログ製剤。食事療法、運動療法で十分な効果が得られない、あるいは食事療法、運動療法に加えてSU剤を使用して十分な効果が得られない2型糖尿病を適応とする薬剤として承認された。

【インクレチン関連薬】 関連トピック
 1日1回の注射で効果を得られ、体重を増やさずに血糖コントロールを改善する効果を得られ、血糖が高いときだけに働くので単剤では低血糖の心配がないことなどが特徴となる。

    ビクトーザ®の主な特徴:
  • 非肥満、肥満にかかわらず、体重を増やさずに優れた血糖コントロール改善効果が得られる。
    • 日本で行われた第3相試験では24週単独投与で、血糖コントロールの指標であるHbA1cを1.74%低下させながら、低血糖の発現頻度は低いことが示された。
    • 単独投与でもSU剤との併用でも、体重増加をきたさない。
    • 1日1回投与で、空腹時血糖値と食後血糖値の両方を低下。
  • ビクトーザ®投与により、膵β細胞機能の指標を改善させる。

 ノボ ノルディスクは、2008年5月に米国と欧州で、また同年7月に日本で承認申請した。欧州では、2009年6月に欧州委員会より欧州連合27ヵ国すべてで販売承認を取得した。

ノボ ノルディスク ファーマ(株)

このページの記事はノボ ノルディスク ファーマ(株)が2010年1月20日付で発表したプレスリリースをもとにしています。
[ Terahata ]
カテゴリー :2010年  医療の進歩  医薬品/インスリン  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!