資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
第51回日本糖尿病学会実行委員会が監修した弁当 全国のコンビニで販売
2008年05月21日
カテゴリー:2008年 食事療法 

 第51回日本糖尿病学会学術集会実行委員会が監修した幕の内弁当が、全国のコンビニエンスストアで販売された。コンビニ弁当は高エネルギー、高脂肪、高塩分といったイメージが強いが、この弁当は安心して利用できるよう、さまざまな角度から配慮してあるという。

からだにやさしい山菜ごはん幕の内

下記サイトで詳しい情報が紹介されている。
第51回日本糖尿病学会学術集会 並行企画−ともに考える糖尿病の生活−

栄養成分値(1食あたり)
エネルギー497kcal
蛋白質18.9g
脂質11.9g
糖質72.7g
食物繊維5.5g
炭水化物78.2g
Na1.6g
食塩量4.064g
 通常のコンビニ弁当はエネルギー量が600kcalから900kcalくらいあるのに比べ、この弁当「からだにやさしい山菜ごはん幕の内」は、1食当たり497kcalに抑えてある。同社の「焼鮭和風幕の内」に比べても200kcal以上少ない。
  • 白米より食物繊維、ビタミン、ミネラルの多い発芽玄米を使用。
  • 品数を多めにし、噛み応えのあるおかずを増やした。咀嚼回数を増やすことを期待できる。
  • 豆腐や野菜が主体で挽肉を控え、脂質を抑えた「野菜と豆腐ハンバーグ」。
  • 焼き鯖を使用。魚は不飽和脂肪酸が比較的多いので、動脈硬化を予防する上で好ましい。
  • ごぼう、にんじん、ふきなどの野菜の煮物。野菜が不足していたり、あまり食べない人でも食べやすいように、さまざまな食材を使用した。
  • 塩分を控えるため、漬け物をカット。
 「からだにやさしい山菜ごはん幕の内」は同委員会の2つの提案に基づき作られた。開発にあたり同学会の医師や看護師らの意見を取り入れ、患者らの声も反映させたという。
  1. これまで食生活を意識したことのない人に、適切な食事バランスを意識するきっかけを作ってもらう。
  2. すでに検診などで注意をうけて食生活の改善をしたいと思っている人に、エネルギーと脂肪分を抑え、野菜(食物線維)など、ふだんの弁当で摂りにくいメニューが入った弁当として、毎日安心して食べられる。
 北海道・九州・沖縄を除く全国のコンビニエンスストア「ローソン」「ナチュラルローソン」で、5月20日に発売される。価格は税込み530円。

関連情報
糖尿病でも食を楽しみたい 願いを叶える知食メニューを実演

[ Terahata ]
カテゴリー :2008年  食事療法  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!