ニュース

2018年06月07日

米国で糖尿病ケトアシドーシスによる入院が増加 全米入院患者サンプルデータを解析

米国で糖尿病ケトアシドーシスによる入院が増加 全米入院患者サンプルデータを解析

 米国では、2003年から2014年にかけて糖尿病ケトアシドーシス(DKA)による入院件数が増加し、DKA関連の医療費が増大していることが、「Diabetes Care」5月17日オンライン版に掲載の論文で報告された。

記事全文は「糖尿病リソースガイド」でご覧ください ▶

[ DM-NET ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲