資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
11月14日は世界糖尿病デー 糖尿病の脅威から未来を守ろう
2012年10月05日
カテゴリー:2012年  世界糖尿病デー 

 世界糖尿病デー(WDD)が、国際糖尿病連合(IDF)とIDFに加盟する組織が中心となり、11月14日に開催される。世界糖尿病デーのキャンペーンは、IDFに加盟する世界の160の国や地域の200以上の組織によって行われる。

糖尿病はもはや流行病
 世界糖尿病デーは、糖尿病の脅威が世界的に拡大しているのを受け、世界規模で糖尿病に対する注意を喚起しようと、IDFと世界保健機関(WHO)によって1991年に開始され、2007年には国連の公式の日になった。

 糖尿病はもはや流行病というべき勢いで増加しており、全世界的に深刻な課題となっている。最近の調査によると、世界で糖尿病とともに生きる人の数は3億4,600万人以上に上り、日本だけでも1,000万人を超えている。有効な対策を施さないと、糖尿病有病数は2030年までに2倍以上に増加すると予測されている。

 11月14日は、1922年にチャールズ・ベストとともにインスリンを発見したフレデリック バンティングの誕生日にあたる。インスリンの発見により、糖尿病治療は飛躍的な進歩をとげた。

糖尿病の脅威から私たちの未来を守ろう
 糖尿病と糖尿病合併症は、早期発見し治療することで予防・改善が可能だ。糖尿病の治療をしないで放置していると、網膜症、腎臓病などの原因となり、心疾患や脳卒中の危険性も高まる。これらの疾患を予防するために、早期から生活習慣を健康的に変えていくことが必要となる。

 糖尿病合併症を防ぐために、早期に治療を開始し継続する必要がある。そのため今年の世界糖尿病デーには「糖尿病:私たちの未来を守ろう(Diabetes: protect our future)」をスローガンに、糖尿病と治療と予防が呼びかけられる。

 先進国だけでなく途上国でも、糖尿病有病数は増加している。スローガンで掲げられた世界共通の3つのメッセージは「すべての人が必要な情報にアクセスしやすくしよう」、「私たちの生活は危険にされされていることを知ろう」、「糖尿病とともに生きる人々が負い目を強いられたり差別されないようしよう」だ。

 世界糖尿病デーに賛同する世界の国や地域で、市民向けの講演や無料の糖尿病の検査が開催され、治療の継続の大切さが呼びかけられる。日本でも日本糖尿病学会、日本糖尿病協会の「世界糖尿病デー実行委員会」が中心となり、全国各地で関連イベントやブルーライトアップを開催する。

世界糖尿病デー ブルーライトアップ
 世界の80を超える国の1000ヵ所以上で、有名な建造物が世界糖尿病デーのシンボルカラーであるブルーにライトアップされる。ブルーライトアップは2007年に開始され、年を経るごとに参加数は増えている。ブルーは国連を象徴する色でもある。

 11月14日を中心にライトアップされる著名な建造物は、フロリダ大学センチュリータワー(米国)、スピンネーカー・タワー(英国)、ADJ本部ビル(ブラジル)、ブルーウォーター橋(カナダ)、ペンシルバニア州議会議事堂(米国)、清水寺(日本)など多数に上る。

 日本では横浜マリンタワー、鎌倉大仏、長谷観音堂、駿府城、名古屋城、岐阜城、東寺五重塔、二条城、京都タワー、紀三井寺、金峯山寺、神戸ポートタワー、海峡ゆめタワー、福岡タワー、眼鏡橋、熊本城など、全国な著名な建造物など約100ヵ所がブルーにライトアップされる。世界各地のブルーライトアップの映像は、インターネットで世界に向けて公開されている。

世界各地のブルーライトアップ
世界糖尿病デーのビデオを投稿
 今年の世界糖尿病デーのテーマには「次の世代を担う子供や若者の未来を救うためには、いま行動を起こすことが必要だ」という意味が込められている。そこでフェイスブックやツイッターといった、インターネットの交流サイトを利用し、ビデオレターを投稿するよう呼びかけられている。

 「糖尿病の治療は早期からはじめることが大切」、「地域コミュニティーも巻き込んで生活スタイルの改善に取り組もう」といったメッセージが短いビデオにまとめられ、世界中で投稿され閲覧されている。

世界糖尿病デーのビデオ「私たちの未来を守ろう」
※画面をクリックすると再生が始まります。
糖尿病フラッシュモブ
 フラッシュモブとは、同じ目的をもつ多数の人にインターネットやEメールを介して呼びかけて、街や駅、空港や公園など公共の場などに集合し、コメントをしゃべったりダンスをしたりする行為をビデオに撮影する運動。

 「糖尿病への注意を喚起しよう」と合い言葉に、昨年には世界の30ヵ国以上の約40都市でフラッシュモブが実施され、その様子はインターネットで公開されている。ウォーキングなどの運動に取り組む様子を撮影したフラッシュモブも撮影されている。

ブラジルで行われた世界糖尿病デーのフラッシュモブ
※画面をクリックすると再生が始まります。

世界糖尿病デー(国際糖尿病連合)
国際糖尿病連合(IDF)
世界糖尿病デー 公式ホームページ [世界糖尿病デーイベント実行委員会]

動画をご覧になるためにAdobe Flash Playerというソフトが必要です。Adobe Flash Playerは無料で配布されています。
[ Terahata ]
カテゴリー :2012年    世界糖尿病デー  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!