ニュース

2010年12月05日

カテゴリーキーワード:
食事療法

糖尿病と砂糖 砂糖をとるとイライラした感情を抑えられる

 「コーヒーやお茶に入れるスプーン一杯のお砂糖が、イライラした気持ちを静めてくれる」と感じる人は多い。米オハイオ州立大学の研究者が、砂糖を入れた飲料を飲んだ人は短い時間で気持ちの高ぶりを抑えられる傾向があり、砂糖が感情のコントロールにも有用であることを確かめた。
 砂糖を摂取した人では、ストレスや攻撃的な衝動(Aggression)が抑えられ、この傾向は糖尿病患者にもあてはまるという研究が米国で発表された。発表された研究は2件あり、精神医療に関する医学誌「Personality and Individual Differences」に掲載された。

記事全文は下記をご覧ください

このページの
TOPへ ▲