ニュース

2016年07月22日

GLP-1受容体作動薬の特徴と服薬指導のポイント

「糖尿病情報スクランブル」の連載「糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント」を更新しました。今回から、「GLP-1受容体作動薬」について、加藤光敏先生(加藤内科クリニック院長)に解説していただきます。
「糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント」へ ▶
第23回 GLP-1受容体作動薬(1)(本文より)
はじめに

 今回はインクレチン関連薬の一つGLP-1受容体作動薬です。

 人体におけるGLP-1は重要な生体ホルモンです。GLP-1は食事による血糖上昇に応じて、膵β細胞のインスリン分泌を促進する一方、血糖上昇作用のあるグルカゴン分泌を抑制します。また胃内容物排出を遅くし、かつ中枢性に過食を防ぐ作用もあります。ところが生体内ではGLP-1はDPP-4(dipeptidyl peptidase-4)により半減期1〜2分ほどの早さで分解され、効果はすぐ失われます。これの対応策は大きく2つに分けられます。まずこの悪玉DPP-4の活性を阻害して、生体内のGLP-1を長持ちさせようというのが、ご存じDPP-4阻害薬です。もう一方は、GLP-1の構造を分解されにくいように変えた、GLP-1受容体作動薬という注射薬です(文献1, 2)。まず発見の切っ掛けとなった、ドクトカゲの話からいたしましょう。

続きはこちら...第23回 GLP-1受容体作動薬(1)

 「糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント」では、日本糖尿病学会認定専門医であり、同学会の認定指導医でもある、加藤内科クリニック院長の加藤光敏先生に、ご自身の知識と経験を踏まえた服薬指導のポイントを、わかりやすく解説していただきます。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント/執筆者プロフィール

[ DM-NET ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲