ニュース

2018年06月01日

週1回投与のGLP-1受容体作動薬でHbA1c値と体重が低下 消化器系の有害事象は増加

週1回投与のGLP-1受容体作動薬でHbA1c値と体重が低下 消化器系の有害事象は増加

 週1回、皮下投与するGLP-1受容体作動薬のセマグルチドは、2型糖尿病患者のHbA1c値と体重、収縮期血圧(SBP)値を低下させる一方で、消化器系の有害事象の増加と関連することが、「Diabetes, Obesity and Metabolism」5月13日オンライン版に掲載のレビュー論文で報告された。

記事全文は「糖尿病リソースガイド」でご覧ください ▶

[ DM-NET ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲