ニュース

2007年12月03日

カテゴリーキーワード:
インクレチン関連薬 医薬品/インスリン

2型糖尿病の新しい治療薬「バイエッタ」 週1回投与型も開発

 週1回の投与で治療効果のある持続性(LAR)エクセナチド注射薬が、2型糖尿病患者の血糖コントロールを改善するという臨床試験が発表された

 イーライリリー・アンド・カンパニー、米アミリン・ファーマシューティカルズ社、アルカミーズ社が10月に発表したもので、30週間にわたり第2相試験と第3相試験が行われた。

週1回の投与で血糖コントロールを改善する治療薬
 試験には、食事・運動療法、または1種類または複数の経口血糖降下薬による治療で、血糖値を十分にコントロールできなかった患者が参加した。週1回投与型エクセナチドと1日2回投与型エクセナチドを投与する群に分け、30週間にわたる治療の後、両群を比べた。
エクセナチド(バイエッタ)

 エクセナチド(製品名:バイエッタ)は2型糖尿病の治療薬として世界各国で使用されている。米国では現在、エクセナチドは標準的な経口血糖降下薬であるメトホルミン、スルホニル尿素剤、またはチアゾリジンジオンとの併用薬として承認されている。

 バイエッタはFDAが承認した初の、そして唯一のインクレチン・ミメティクス。米国で2005年4月に承認され、70万人を超える患者の治療に使われている。標準的な経口糖尿病薬で血糖コントロールができない2型糖尿病患者が適応となる。

 インクレチン・ミメティクスは、体内で自然に分泌されるインクレチン・ホルモンのGLP-1と同様の抗糖尿病作用・血糖降下作用を示す。血糖の上昇に反応してインスリンの産成能力を刺激する、食後にグルカゴン・ホルモンの分泌を抑制する、栄養分が血中に吸収される速度を低下する、満腹感をえられやすくなるといった作用がある

 バイエッタは日本では現在、臨床試験が行われている。2型糖尿病の新しい効果的な治療法として期待されている。

 週1回投与型エクセナチドは、ポリマーの微小球体の内部に有効成分を封じ込めた薬剤。体内でこの球体がゆっくり分解し、慎重にコントロールされた速度で効果があらわれる。

 週1回投与型エクセナチドと1日2回投与型エクセナチドの両治療群で、平均約3.6kgの体重減少がみられた。また、週1回投与型エクセナチド、1日2回投与型エクセナチドともに忍容性は良好だった。

 週1回投与型のエクセナチドで治療を受けた患者では、HbA1cがベースラインよりも約1.9ポイント低下した。1日2回投与型エクセナチドの約1.5ポイントの低下よりも、統計的に有意に優れた血糖コントロールをHbA1c値において示した。

 また、週1回投与型エクセナチド群の患者の半数近くが、HbA1cの目標値である6.5%以下を達成した。国際糖尿病連合(IDF)はHbA1cを6.5%以下に抑えることを推奨している。

 3社はこの週1回投与型エクセナチドを、2009年上半期末までに米国FDAに許認可申請を行う予定としている。

イーライリリー・アンド・カンパニーが10月31日に米国で発表したプレスリリースを元にしています。

詳しくはイーライリリー・アンド・カンパニーのサイトへ(英文)
[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲