ニュース

2019年03月08日

カテゴリーキーワード:
1型糖尿病 IDAF(国際糖尿病支援基金)

南米エクアドルで小児糖尿病患者キャンプを開催(「FUVIDA」1) IDAF

 南米エクアドルで小児糖尿病患者さんを支援するFundacion Vivir con Diabetes(FUVIDA)(代表:アラセリー・バスルト・カルデロン氏)では、初の試みとして、10歳以下の小児糖尿病患者とその家族を対象とした糖尿病キャンプ「Dulces Amigos Kids 2018」を2018年11月24日・25日に開催しました。
そのレポートが、FUVIDAから届きましたので、ご紹介します。

記事全文はこちらをご覧ください ▶

 国際糖尿病支援基金は、この活動の趣旨に賛同し、2008年より南米エクアドルのFUVIDAを支援しています。

 FUVIDAの糖尿病サマーキャンプ活動にご賛同いただき、御参加いただける方は、下記口座(郵便局)までお振込み頂きますようお願い申し上げます。

 御協力頂きました方は、支援者としてこのホームページ上の「支援者名」のコーナーでお名前を発表させて頂きますが、本名での発表をご希望でない方は、振替用紙(郵便局)の通信欄にご希望のお名前をご記入ください。

振込口座(郵便局):
口座番号:00160−3−82542
加入者名:国際糖尿病支援基金口
※通信欄へ「FUVIDA支援」とお書き頂きますようお願い致します。

関連記事
2018年エクアドルの糖尿病サマーキャンプ報告
Fundacion Vivir con Diabetes(FUVIDA)(エクアドル)
国際糖尿病支援基金

[ DM-NET ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲