糖尿病Q&A1000

Q.178 ひと口にインスリンといっても、いろいろな種類があるそうですね。

 作用の現れ方(注射してから血糖値が下がり始めるまでの時間、最も効果が強くなる時間、効果がなくなるまでの時間)からは、超速効型、速効型、中間型、持続型の4種類と、それらを混ぜ合わせた混合型に分けられます。
 インスリンの濃度(作用の強さ)からは、40単位製剤と100単位製剤のふたつに分けられます。インスリン溶液1mL中に、それぞれ40単位、100単位のインスリンが含まれています。ただ、現在主流となっているカートリッジやキットタイプは、すべて100単位製剤です(近々わが国ではすべての製剤が100単位に統一されます)。
 カートリッジ製剤はインスリンがカートリッジになっていて、それを注射器に装着して使い、インスリンがなくなったらカートリッジを交換するタイプです。キット製剤はインスリンと注射器が一体になっていて、インスリンがなくなったら使い捨てにするタイプです。これら以外に以前からバイアル製剤(ビンに入っているインスリン。注射器で吸収して使用します)が使われています。持続型インスリンは、現在もバイアル製剤のみです。
2006年04月20日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

02-4-2 インスリンについてのQ&A

このページの
TOPへ ▲