ニュース

2008年08月05日

片手で操作できる血糖自己測定器 測定器と穿刺器を一体化

カテゴリーキーワード
血糖自己測定(SMBG)
測定器と穿刺器を一体化し、簡便に扱えるようにした。17回分をセットしたカートリッジ式の試験紙を利用できる。測定から試験紙を排出するまでの操作をすべて片手で行える。

 ロシュ・ダイアグノスティックスは8月1日に、片手ですべての操作ができる血糖自己測定器「アキュチェックコンパクトプラス(黒)」と専用採血用穿刺器具「ソフトクリックスプラス(黒)」を発売した

 「アキュチェックコンパクトプラス(黒)」は、同社の穿刺器具一体型の血糖自己測定器「アキュチェックコンパクトプラス」の後継機種にあたり、操作性と仕様を向上した。指先の穿刺による全血1.5μLにより、約5秒で血糖値を測定する。

  • 画面に有機発光ダイオード(OLED)のディスプレイを採用し、視認性を向上
  • 測定結果を最大500件まで記憶(既存品では最大300件)
  • 人間工学に基づいた手になじみやすいデザイン
  • 測定器と穿刺器の一体化で、片手で一連の操作が可能
  • 試験紙は、ドラム型ケースに17回分をセットしたカートリッジ式
  • 試験紙を自動で準備、排出
 専用のカートリッジ式試験紙および専用穿刺針は、現行製品である「アキュチェックコンパクトプラス」と共通で利用できる。

ロシュ・ダイアグノスティックス(株)
  アキュチェックWebサイト

このページの記事はロシュ・ダイアグノスティックスが7月30日付で発表したプレスリリースを元にしています。
[ DM-NET ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲