32. 糖尿病予備群

2014年9月 改訂

監修・編集
東北大学名誉教授 後藤由夫先生


糖尿病予備群のゆくえは…

糖尿病、心臓病、脳卒中になりやすい!

 糖尿病予備群――。最近、テレビや新聞、雑誌でよく見かける言葉です。「予備」とは、ある状態になる前段階ということですから、糖尿病予備群は、糖尿病になる準備が整いつつある人たちという意味。まだ糖尿病と診断はできないけれども、そのままではいずれ糖尿病になる確率が高いということです。
 本当の糖尿病になってしまうと、食事療法、運動療法、薬物療法(飲み薬やインスリン注射など)を、毎日しっかり続け、定期的に通院しなければなりません。糖尿病になってから治療し始めるよりも、今の段階で健康に気をつけ、糖尿病にならないようにしたほうが、ずっと‘得’です。
 また近年、糖尿病や糖尿病予備群の人の中には、メタボリックシンドロームに該当する人が増えてきました。メタボリックシンドロームは、動脈硬化が進みやすく、心臓病や脳卒中などの命にかかわる病気が起きやすい状態です。心臓病や脳卒中を防ぐためには、予備群のときから注意・予防が必要です。

糖尿病は血糖値が高くなる病気

 それでは、糖尿病予備群について述べますが、その前に、糖尿病という病気を簡単に説明しましょう。
 糖尿病は、血液中の糖分(ブドウ糖)が増え過ぎ、血糖値が高くなる(高血糖になる)病気です。高血糖が長期間続くと、血管に障害が起こり、目、腎臓、神経、心臓、脳などに「合併症」と呼ばれる病気が起こります。

合併症を抑えるために、糖尿病を治療する

 今の医学では、合併症が発病してから治すのは、なかなか困難です。ですから、血糖値が高いとわかったなら、それを正常にして合併症が起きないようにすることが大切です。血糖値をきちんとコントロールしていれば、合併症の発病・進行は抑えられます。
 ところが、高血糖自体には自覚症状はほとんどなく、また、合併症もだいぶ進行するまで苦痛がないことが多いのです。失明したり人工透析が必要になったり、心臓病や脳卒中の発作が起きるまで、放置されてしまうことも少なくありません。患者さん自身が病気であることを自覚しにくく、治療がおろそかになりがちなこと、それが、糖尿病で最も注意しなければならないポイントです。
 

「糖尿病」という病名

「糖尿病」という病名から、糖尿病のことを「尿に糖が出る病気」と思っている人がいますが、それは正しくありません。尿糖が陰性でも、糖尿病のこともあります。
 糖尿病という病名は、血液中に糖があるとわかっていなかった時代に、尿に糖が現れることからつけられた病名です。医学の進んだ現代では「高血糖症」と言うべきでしょうが、昔の病名がそのまま使われています。
 糖尿病の人たちの間からは「病名を変えてほしい」という声も出されています。

糖尿病3分間ラーニング 関連動画

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

更新情報配信中!