糖尿病Q&A1000

Q.736 小児やヤングの糖尿病だからといって、必ずしも1型糖尿病とは限らないということですね。

 はい。Q.642でもお答えしましたように、日本では戦後、生活環境の変化とともに成人の2型糖尿病が増えてきましたが、それととともに、もともとは非常にまれであった小児・若年者の2型糖尿病も、少しずつ増えてきました。現在では、小学生低学年であれば1型糖尿病のほうが多く、高学年になると半々ぐらい、中学生以上では2型糖尿病のほうが多くなると推計されています。
2006年05月17日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

09-3 小児・若年者2型糖尿病についてのQ&A

このページの
TOPへ ▲