ニュース

2007年12月14日

1日1回投与の持効型溶解インスリン「レベミル®」発売

カテゴリーキーワード
医薬品/インスリン
 ノボ ノルディスク ファーマは12月14日、持効型溶解インスリンアナログ製剤「レベミル®注300フレックスペン®」「レベミル®注300」(一般名:インスリン デテミル)を発売すると発表した。

 レベミル®は、1日1回投与でほぼ1日にわたって血糖降下作用が持続する持効型溶解インスリンアナログ製剤。インスリン療法が適応となる1型と2型を含む全ての糖尿病の成人および小児の患者に使用される。

 レベミル®の特徴は、他の基礎インスリン製剤に比べ、同じ患者において投与ごとの血糖降下作用のばらつきが少ないこと、空腹時血糖値を安定させることが挙げられる。こうした特徴から、低血糖、とくに患者がもっとも不安に感じている夜間低血糖の発現リスクを低減させることが、これまでに実施された臨床試験で確認されている。

 レベミル®は、欧州では2004年、米国では2005年に承認された。現在、約60カ国で治療に使われている。

ノボ ノルディスク ファーマ(株)

このページの記事はノボ ノルディスク ファーマが2007年12月14日付で発表したプレスリリースを元にしています。

関連情報
レベミルの血糖降下作用 24時間の血糖値の推移を比較
新しいインスリン製剤 体重増加を抑え低血糖は減少
日差変動の少ない持効型溶解インスリン「インスリン デテミル」

[ Terahata ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲