尿糖チェックで糖尿病コントロール

2010年10月04日

【糖尿病患者さん】アンケート回答者属性

  【実施概要】
  • 実施期間:2010年8月25日(水)〜9月3日(金)
  • 実施方法:インターネットのアンケートフォーム
  • 対象者:糖尿病ネットワークのメールマガジン登録者/糖尿病患者さん 11,000名
  • 有効回答数:307名のうち、1型糖尿病患者さんを除いた199名で解析
  • 調査記事の公開:2010年9月末
  • 主催:糖尿病ネットワーク

【属 性(n=199)】

■性別

男性 80%
女性 20%

■年齢

10〜19歳 0%
20〜29歳 1%
30〜39歳 6%
40〜49歳 23%
50〜59歳 25%
60〜69歳 28%
70〜79歳 15%
80歳以上 2%

■治療内容(該当するものすべて)

食事療法 86%
運動療法 76%
飲み薬の服用 68%
インスリン療法 39%

■病態

1型糖尿病 0%
2型糖尿病 94%
糖尿病境界型 6%
妊娠糖尿病 0%
その他 1%

■糖尿病歴

1年未満 5%
1〜2年 6%
3〜5年 17%
6〜9年 17%
10〜15年 21%
16〜19年 13%
20〜29年 14%
30年以上 9%

■通院している医療機関

国立病院 2%
大学病院 8%
総合病院 36%
糖尿病専門の診療所 23%
一般の診療所
(糖尿病専門でない)
30%
その他 2%

■最近の血糖コントロールの状態(任意)

HbA1c 5.8〜6.5%未満 33%
HbA1c 6.5〜7.0%未満 22%
HbA1c 7.0〜8.0%未満 25%
HbA1c 5.8%未満 13%
HbA1c 8.0%以上 7%

※なお、このたびの調査で、1型糖尿病患者様からのご回答がありましたが、尿糖測定実施の推奨対象となる、2型糖尿病患者さんを抽出した調査結果として、本報告を解析させていただきました。ご了承のうえ、ご理解を賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲