糖尿病食事療法用宅配食で自宅入院

2008年01月31日

宅配食、使う人、使わない人

2007年末に糖尿病ネットワーク上でおこなった、「宅配食アンケート」の集計結果を大野誠先生(日本体育大学大学院教授)のコメントともにご紹介します。

同じ悩みや不安を持つ人は、宅配食をどう考えているのか…そんなことが見えてくるアンケート結果です。今後、宅配食を利用するのかしないのか、その判断材料にもご活用ください。

(回答総数:352)

Q1.糖尿病患者用宅配食、カロリー調整宅配食を利用している、あるいは利用したことがありますか?

A . はい23%(81)
いいえ77%(271)

Q2. [Q1]に「はい」とお答えした人にお聞きします。宅配食を利用を決めた理由は何ですか?(複数回答可)

A . 食事療法が上手くいかなかったから30%(25)
主治医の先生や管理栄養士に勧められたから10%(9)
食事の準備が大変だったから55%(46)
経済的に手ごろと感じたから5%(4)


自由回答(一部) ・職場にも届けてもらえたから
・正しいエネルギー量の食事を体験してみたかったから
・食事療法に不慣れなときに、献立集を参考にするため
・旅行先にも持っていけるから

グラフ2

Q3. [Q1]に「はい」とお答えした人にお聞きします。現在食事療法はうまくいっていますか?

A . はい70%(52)
いいえ30%(23)

宅配食を利用している(あるいは利用していた)人の約半数が、利用を決めた理由に「食事の準備が大変だったから」と答えています。「食事療法が上手くいかなかったから」と答えた人とあわせると、全回答数のうち約85%にのぼります。また、利用しているあるいは利用していた人の約30%の人が、現在も食事療法がうまくいっていないと答えています。ここからも、適切な食事療法を実践することの難しさがうかがえます。

Q4. [Q1]に「いいえ」とお答えした人にお聞きします。宅配食を利用しない理由は何ですか?(複数回答可)

A . 自分で料理を作ることが負担にならないから29%(101)
料金が高いと感じるから50%(176)
おいしそうに思えないから21%(72)


自由回答(一部) ・家族と同じものが食べたい
・仕事で宅配食を受け取る時間家にいないことが多い
・今の時代、使っている材料に不安を感じる
・飽きてしまいそう
・子供用の献立がないから
・子供には手料理を食べさせてあげたい
・家族がエネルギーを考えた食事を作ってくれるから

グラフ3

Q5. [Q1]に「いいえ」とお答えした人にお聞きします。現在食事療法はうまくいっていますか?

A . はい64%(161)
いいえ36%(91)

今回のアンケートでは、「宅配食をつかっていな」と答えた人が全体の77%でしたが、そのうち半数の人が、「料金が高いと感じる」ため利用しないと答えています。利用しない理由についての自由記述では、「家族と同じものを食べたい」という人も多く、自分だけ家族と違い食事をすることへの抵抗がうかがえます。食事療法がうまくいっているかの質問に対しては、宅配食を利用しているあるいは利用したことがある人に比べ、「いいえ」と答えた人の割合が若干ん多い結果でした。


大野先生のコメント
糖尿病宅配治療食を利用されたことがある方は約4人に1人前後の割合で、まだまだ少数派のようですが、利用されたことのある人のほうが食事療法がうまく行っている割合が高いようです。宅配食は数日間だけのお試しセットなどもありますので、まず試してみることが大切でしょう。

[ DM-NET ]

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲