糖尿病セミナー

26. 食事療法のコツ(3)
腎症のある人の食事

2016年12月 改訂

腎症の食事療法のポイント

 腎症のための食事療法を、できるだけ簡単に日常生活に取り入れられるよう、実際的な方法を解説したものに、「糖尿病腎症の食品交換表 第3版」(編著者:一般社団法人日本糖尿病学会、発行所:株式会社文光堂)があります。これは、腎症の進行防止のため、食事療法の切り替えがより重要になる段階「第3期(顕性腎症期)」(次の表参照)に適した内容です。「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」(編著者:一般社団法人日本糖尿病学会、発行所:文光堂)と同じ方式で作られていますので、それまで食品交換表を使った食事療法に慣れ親しんできた人は、スムーズに腎症の食事療法に切り替えることができます。
 ここでは、「糖尿病腎症の食品交換表(以下、腎症の交換表と略します)」を使った食事療法のポイントを紹介しましょう。
    ※ 食品の分類や単位計算、交換の仕組みなどの基本は「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」と同じなので、詳しい解説は省略します。このコーナーの「食事療法のコツ(1)―基礎―」のページをご覧ください。

ステップ1 適切なエネルギー量とたんぱく質量を知る

 まず、あなたが1日に必要なエネルギー量を、医師に決めてもらいます(指示エネルギー量)。これは糖尿病の食事療法の最も基本的なことで、腎症の食事療法でも変わりません。 指示エネルギー量は患者さんの体格や活動状況、腎症の進み具合などを総合的に判断し決められます。同じように、たんぱく質も「1日何グラム」と指示されます(指示たんぱく質量)。
 指示エネルギー量や指示たんぱく質量は、腎症の進行に合わせて、少しずつ変化します。

 糖尿病腎症の病期別食事療法の目安
病 期 病  状 1日あたりの摂取量
総エネルギー
(kcal/kg/)
たんぱく質量
(g/kg/)
食 塩
(g/)
カリウム
(g/)
第1期
(腎症前期)
  25〜30 摂取エネルギー量の20%以下 高血圧なら6g未満 制限しない
第2期
(早期腎症)
微量アルブミン尿検査が陽性。人によっては血圧が上がり始める 25〜30 摂取エネルギー量の20%以下 高血圧なら6g未満 制限しない
第3期
(顕性腎症期)
たんぱく尿検査が陽性。血圧が上昇。
腎不全に近づくと、むくみが出始める
25〜 30
(腎不全に近い場合は25〜35)
0.8〜1.0
(腎不全に近い場合は0.6〜0.8)
6g未満 制限しない
(高カリウム血症なら2g未満)
第4期
(腎不全期)
たんぱく尿、高血圧、むくみや貧血などの尿毒症の症状。心不全の危険性も 25〜35 0.6〜0.8 6g未満 1.5g未満
第5期
(透析療法期)
  透析に対応した食事療法
総エネルギーの単位は体重(実際の体重ではなく、標準体重)1kgあたりのキロカロリー、第3期以降のたんぱく質の単位は標準体重1kgあたりのグラム数。
(「厚生省糖尿病調査研究報告書」他から引用し、まとめなおしたもの)

ステップ2 単位の配分を知る

ワンポイント
アドバイス
たんぱく質量のA〜C区分

表1
表5
1.9g以下2.0〜3.9g
(表5は2.0g以上)
4.0g以上
表3
5.9g以下6.0〜11.9g12.0g以上
 1単位あたりのたんぱく質量は、表1のAは1.9g以下、Bは2.0〜3.9g、Cは4.0g以上、表3のAは5.9g以下、Bは6.0〜11.9g、Cは12.0g以上、表5のAは1.9g以下、Bは2.0g以上です。
 なお、腎症の交換表には表1・表3・表5以外の食品にも、1単位あたりのたんぱく質量が記されていますので、参考にしましょう。
 次に、指示エネルギー量と指示たんぱく質量を守り、たんぱく質以外の栄養も過不足なく摂るために、表1〜表6の各表から何単位ずつ摂ればよいのかを把握します。
 腎症の交換表は、たんぱく質の含有量によって、表1と表3がA〜C、表5がA〜Bの区分に分けられています。たんぱく質量は、A→B→Cの順で、Cが一番多くなります(右の囲み記事参照)。
 例えば1 日1840キロカロリー(23単位)、たんぱく質50グラムの場合、下の表の左側のように配分します。
 23単位は、表1に13単位(A区分9単位、B区分4単位)、表2に1単位、表3に2単位(A区分0.5単位、B区分1.5単位)、表4に1単位、表5のA区分に4単位、表6に1.2単位、調味料に0.8単位というように振り分けます(これ以降、この単位配分を例に解説していきます)。
 1日の単位配分がわかったら、次はそれを朝食、昼食、夕食、および間食に分けます。表1は、A区分を朝食に1単位、昼食と夕食に各4単位、B区分を朝食に3単位、夕食と間食に各0.5単位とします。表3、表5、表6も3食なるべく均等に配分します。表2、表4は、3食または間食として配分します。それぞれの食事の単位数に、あまり差が生じないようにしましょう。調味料は、その日の献立にあわせて使い分けます。
 単位をどのように配分すればよいかは、一般には医師や栄養士が、それぞれの患者さんの食習慣などを参考に決めて、患者さんに指示します。



日本糖尿病学会編・著『糖尿病腎症の食品交換表 第3版』19頁、日本糖尿病協会・文光堂 2016年発行)より引用

日本糖尿病学会編・著『糖尿病腎症の食品交換表』に関する記載・記述については、一般社団法人日本糖尿病学会の引用許可を得ています。
転用などを行う場合は必ず、該当する部分のデータあるいはプリントアウトを添付するなどして、同学会の引用許可を得てください。
食事指示票 1日23単位 1840kcal たんぱく質50gの場合
1日に必要な単位配各食事への単位配分
食品交換表の分類指示単位
たんぱく質量区
朝食昼食夕食間食
表113
0.50.5
治療用特殊食品
表2
表3
0.50.5
1.50.50.50.5
表4
表5
1.51.21.3
表61.21.2
調味料0.80.8

1 2 3 4

コンテンツのトップへ戻る ▶

糖尿病3分間ラーニング 関連動画

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、 テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。


このページの
TOPへ ▲