4. 高齢者の糖尿病

2016年11月 改訂

監修
東北大学名誉教授 後藤由夫先生

編集
地方独立行政法人
東京都健康長寿医療センター理事長 井藤英喜先生

 このページは、高齢者(65歳以上)の糖尿病患者さん向けのものです。高齢になってから糖尿病になられた方、また、それ以前に糖尿病になられた方が老年期をむかえられた場合、どんな点に気をつけたらよいかを述べます。


高齢の糖尿病患者さんが増えています

 糖尿病になる人数は、年齢とともに増加しますが、最近の調査では、60歳を超えると5〜6人に1人が糖尿病という、驚くべき数字です。また、加齢とともに、糖尿病性の合併症が多くなり、さらに動脈硬化などの病気も出てくるため、一人でいくつもの病気に苦しむ人が増えます。
 その一方で、若い人と変わらない元気さをもつ軽度な患者さんもいるわけで、一口に高齢者の糖尿病といっても治療法は、患者さん一人一人の病状と、個人的な生活背景も考慮したきめの細かい工夫が必要です。
 次項に、高齢者の糖尿病の特徴を、項目別に挙げてみました。

高齢者の糖尿病の特徴
(1) 糖尿病の罹病期間(糖尿病になって何年たったか)や、それまでの治療、生活様式などによる、病状・体力の個人差が大きい。
(2) 膵臓からのインスリンの分泌と、末梢組織での効き方(インスリンの感受性)の両方が加齢とともに低下し、血糖値が高くなる。
(3) 網膜症や腎症、神経障害などの糖尿病性の合併症の頻度が高くなる。また加齢とともに動脈硬化やがん、認知症になったり、日常生活動作(ADL)が低下したりしやすく、多病の人、要介護の人が増える。
(4) 腎臓の働きが低下して、尿糖が血糖値の割に少なくなる。また、薬剤が体内に蓄積しやすくなる。
(5) 体力・筋力が低下し、運動療法に加減が必要になりやすい。また、転倒や骨折の危険が増える。
(6) 低血糖が起こりやすく、かつ低血糖の特徴的な症状が現れにくくなるため、対処が遅くなりがち。
(7) 認知機能の低下が起こりやすく、糖尿病の治療に支障が出でくる人が多くなる。
(8) 自覚症状を「年のせい」にして見すごしたり、あきらめたり、家族へ遠慮したりと、治療への意欲が低いことがある。
(9) それまでの生活習慣を、なかなか変えられない。

糖尿病3分間ラーニング 関連動画

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

更新情報配信中!