糖尿病Q&A1000

Q.748 Q.737で、小児・若年者の2型糖尿病が1型糖尿病と異なる点として、「家族集積傾向がある」ことが挙げられていました。これはどういう意味でしょうか?

 同じ家族に発病しやすいという意味です。具体的には、小児・若年者2型糖尿病は、遺伝的素因が強い病気であるということです。また、子どもの生活習慣は親の影響を受けることが少なくありません。このため、太ったり糖尿病になりやすくなったりする生活習慣が、自然に身に付いてしまう可能性も考えられます。
 これらの結果、2型糖尿病の子どもの両親や祖母・祖父に糖尿病がみられることが大変多くなっています。
2006年05月17日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

09-3 小児・若年者2型糖尿病についてのQ&A

このページの
TOPへ ▲