糖尿病Q&A1000

Q.744 Q.737で、小児・若年者の2型糖尿病が1型糖尿病と異なる点として、「肥満していることが多い」ことが挙げられていましたが、逆に言えば、太っていなくても2型糖尿病になる子どももいるということでょうか?

 はい。その可能性はあります。ただし、2型糖尿病は生活習慣病であり、肥満は生活習慣からくる身体への負担を示すバロメーターと言えますから、やはり太っている子どものほうが2型糖尿病になる確率がずっと高いのは事実です。
 なお、肥満の傾向(太り気味)でない子どもが糖尿病になった場合、非常にゆっくり発病するタイプの1型糖尿病や、「その他の特定の機序、疾患によるもの」に分類される糖尿病の可能性があります。
2006年05月17日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

09-3 小児・若年者2型糖尿病についてのQ&A

このページの
TOPへ ▲