糖尿病Q&A1000

Q.658 1型糖尿病の発病に関係する遺伝因子とは?

1型糖尿病の発症率には人種差や若干の家族集積傾向がみられる(1型糖尿病の親の子に1型糖尿病が発病する頻度は、1型糖尿病でない親の子よりも高い)ことから、遺伝因子があることは間違いないようです。ただし複数の遺伝子が関係していて、どの遺伝子に原因があるのかは十分に明らかにはなっていません。また、遺伝子が受け継がれたからといって必ず発病するわけでもなく、なんらかの環境因子の負荷があって発病します。しかも1型糖尿病の親の子が1型糖尿病を発病する確率は、2型糖尿病の親の子が2型糖尿病を発病する確率に比べてずっと低い値です。
2006年05月12日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

09-1 小児1型糖尿病のQ&A

このページの
TOPへ ▲