糖尿病Q&A1000 トップページへ メールマガジン無料登録
07 低血糖の対処法
Q.568 低血糖になると、どんな症状が現れますか?
A.  血糖値か低くなり過ぎると、まず自律神経症状と呼ばれる症状が現れます。発汗や手足のふるえ、動悸、脈が早くなる、不安になるといったことです。また、強い空腹感、吐き気などが起こることもあります。これらは血糖値の下がり過ぎに対し身体が自律神経を介して発する警告症状ととらえられています。
 この警告症状が現れる血糖値レベルを超えてさらに血糖値が低下すると、中枢神経症状と呼ばれる症状が現れます。目のかすみ、物が二つに見える、頭痛、集中力がなくなる、身体に力が入らない、眠くなる、意識が遠のく、などです。これらは低血糖のために脳の細胞が正常に働かなくなりつつあるために起こるもので、すぐに血糖値を上げてあげないと、意識障害、昏睡に陥る危険があります。
 ただし、これらの症状がすべての人に一様に現れるわけではありません。人によって現れる症状はさまざまです。もし低血糖になったときには、ご自分の低血糖症状の特徴をしっかり覚え、次に低血糖になったときにすぐに対処できるようにしておきましょう。

« 戻る

ドクトル

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

Copyright ©1996-2019 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。