糖尿病Q&A1000

Q.536 それらを測ったあと、どのように対処すればよいのですか?

 具体的な対処法は、ふだんどのように糖尿病を治療しているかなどにより、患者さんごとにやや異なります。ですから、例えば「血糖値がいくつ以上のときは主治医に連絡をとる」など、主治医との間で約束事を事前に決めておいてください。ここでは一般的なことをお話しします。
 まず、以下のような状態のときは、すぐに受診したほうがよいでしょう。
  • 著しい高血糖(およそ350mg/dL以上)
  • 血糖値が250mg/dL前後から低くならない
  • 熱が39度以上ある
  • 38度以上の熱が続く
  • 尿ケトン体が強陽性
  • 尿ケトン体陽性が続いている
  • 食事を丸1日食べられない
  • 胸痛や息苦しさ、下痢、吐き気などの症状が続く
  • 症状が次第にひどくなっていく
  • 症状がよくなる気配がみられない
 なお、受診の際には、それまでの病状の経過を記録したものがあれば、それを持参してください。
2006年05月10日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

06 シックデイ対策を覚えておこう [Q.521-560]のQ&A

このページの
TOPへ ▲