糖尿病Q&A1000

Q.524 シックデイには血糖値が乱れやすくなるそうですが、それはどうしてですか?

 かぜやインフルエンザ、それによる発熱、食あたりによる腹痛・吐気・嘔吐など、これらの病気や症状はすてべからだにとっては負担となります。そのようなとき、異常事態に対応するため、からだの中ではストレスホルモンが分泌されます。ストレスホルモンは、肝臓がブドウ糖を血液中に放出する作用を促したり、膵臓からインスリンが分泌されるのを抑制したりして、血糖値を上げるように作用します。また、感染症にかかっているときはインスリンの効果が弱まる(インスリン抵抗性が強くなる)ので、さらに血糖値が高くなります。
2006年05月10日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

06 シックデイ対策を覚えておこう [Q.521-560]のQ&A

このページの
TOPへ ▲