糖尿病Q&A1000

Q.99 運動療法の効果を教えてください。

 全身の筋肉細胞などのインスリンに対する感受性がよくなり、インスリン分泌量の不足をカバーしてくれます。また、エネルギーが消費されやすい体質になって、肥満解消と体重管理に役立ちます。もちろん、運動そのもののエネルギー消費による高血糖改善効果もあります。
 以上は血糖コントロールの改善に直接結びつくことですが、これ以外にも、血圧や血清脂質の低下、血流改善、動脈硬化の予防、気分転換・ストレス解消、心臓や肺の機能の維持・改善、骨粗鬆〈しょう〉症の予防など、実に多くの効果があり、糖尿病の合併症の予防の面からも見逃せません。
 さらに、運動を始めると、日々の生活が健康的で生き生きとしたものに変わってきます。運動療法をスタートして3〜4週間経過すると多くの方が、このように実感されるようです。
2006年04月18日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

02-3 からだを動かす習慣に変えていくのQ&A

このページの
TOPへ ▲