糖尿病Q&A1000 トップページへ メールマガジン無料登録
03 合併症ってなんだ? - 動脈硬化
Q.360 糖尿病に高血圧を併発している場合の血圧のコントロール目標値を教えてください。
A.  日本高血圧学会のガイドラインではのように、糖尿病がある場合は軽症高血圧でも心臓や血管系の病気の高いリスクとされていて、収縮期血圧130mmHg未満、拡張期血圧80mmHg未満がコントロール目標となっています。もちろん実際の治療の場面では、さまざまな要素を考慮して治療目標が判断されます。
血圧以外のリスク要因 血圧分類
正常高値血圧
(130〜139/85〜89mmHg)
?度高血圧
(140〜159/90〜99mmHg)
?度高血圧
(160〜179/100〜109mmHg)
?度高血圧
(180mmHg以上/110mmHg以上)
リスク第一層
(危険因子がない)
付加リスクなし 低リスク 中等リスク 高リスク
リスク第二層
(糖尿病以外の1〜2個の危険因子、メタボリックシンドロームがある)
中等リスク 中等リスク 高リスク 高リスク
リスク第三層
(糖尿病、CKD、臓器障害/心血管病、3個以上の危険因子のいずれかがある)
高リスク 高リスク 高リスク 高リスク

« 戻る

Copyright ©1996-2019 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。