糖尿病Q&A1000

Q.272 タンパク質の摂取量を減らすと、エネルギー量が不足しがちになるそうですが、そのような場合はどうすればよいのでしょうか?

 炭水化物や脂質の摂取量を増やします。糖尿病の食事療法を行っていた方にとっては、炭水化物や脂質を増やすことに抵抗を感じるかもしれません。しかし、その理由はQ. 264で解説したとおりで、大切なことです。糖尿病の食事療法の段階では、調理油などは高エネルギーなのであまり使用しないようにしますが、タンパク質摂取量を管理し摂取エネルギー量が不足しがちな場合は、調理油も適宜に利用してください。腎症治療用に、少量で高エネルギーが得られる食品が販売されていますので、食事療法への取り入れ方を医師や栄養士に聞いてください。また、低タンパクに加工されている食品のなかには、エネルギー量が高めになっているものもあります。
2006年04月25日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

03-2 腎症のQ&A

このページの
TOPへ ▲