ニュース(旧資料室) イベント・学会情報 テキスト(学習) データ(資料) 談話室(BBS) メールマガジン モバイル 初めての方へ
糖尿病患者さんの間食指導をどうする? トップページへ メールマガジン無料登録
III. 「効果的な間食指導」とは何かを考える
間食指導抜きに、食事指導はありえない
浜野: 栄養指導の場で、お菓子の相談する患者さんというのは意欲がある方だと思うんですよね。ポジティブに考えながら結果が良くなっていけば、患者さんと二人三脚で歩んでゆく感じでよいのだけど、なかには、その記録に信憑性のない方もいらっしゃいます。
 そういう方は、「時間がない」「今日はいい」「わかってるからいい」「どうせいつもと同じことを言うだけでしょ?」とおっしゃって栄養指導を受けて帰らないことが多かったりします。アンケートで、“指導を受けてない”と回答する方が多かったですけど、なぜなのでしょうか。
加藤:間食指導を受けていないと回答した方は、食事指導自体も受けてらっしゃらない可能性は高いと思います。
浜野:ということは、“間食指導抜きに、食事指導はありえない”という部分もありますか?
加藤:そうですね。肥満のある患者さんはとくに、間食の問題を抱えていることが多いですから、そこを押さえておかないと、根本的な改善は望めないのでは。
浜野:食事指導も、まだ全体の実施件数が足りないのではとも感じますが?
吉田:それは大きな問題と言えますね。
加藤: 医者は診療報酬上、1人5分以上で外来管理加算を取れます。でも、栄養士は1人15分以上必要です。集団指導は45分以上。しかし実際、15分では指導は終わらないので、1人30分の枠を取ります。指導後、カルテにまとめたり、分析したりすると1人短くても45分〜1時間かかることもある。医師が1人の患者さんを診る時間に追いつかない現実が、実際はあるのです。
浜野: 指導方法や時間だけの問題ではない部分もありますね。今回の企画を通じて、無料の間食指導ツールを作成しようと企画していますが、手の届かない所に少しでも情報提供ができるようになることが期待されますね。先生方、このたびは貴重なお話を有難うございました。
 この座談会で出された、間食指導に関しての考え方やたくさんのヒントを、療養指導の現場でご参考にしていただくとともに、ご感想などがございましたら、糖尿病ネットワークの本連載宛にお送りいただけますと幸いです。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |
2009年11月

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わされるようになりました。過去のコンテンツの一部にはこの変更に未対応の部分があります。

  1. 「糖尿病患者さんの間食」、どう思いますか?
2009年9月
  1. 基本の3食以外に間食を入れると血糖パターンが乱れる
  2. 患者さん自身で考えて、間食を判断・調節できるようになってほしい
  3. わかっちゃいるけど、やめられない!
  4. 血糖コントロールの改善をするなら禁止がベスト?
  5. 行事やお付き合い・・・“社会的なおつきあいのお菓子”はどう扱う?
  1. 「糖尿病患者さんの間食指導」、どうしていますか?
2009年10月
  1. “間食をやめる”より“野菜を食べる”方が難しい
  2. 目で見て、お菓子の“量”を実感させる
  3. 憩いのクッキーを止めるか否か?
  4. 療養生活にうまく間食を取り入れるには
  5. 患者さんのタイプに合わせて指導を考える〜ストイックにやりすぎても続かない

  1. 「効果的な間食指導」とは何かを考える
2009年11月
  1. 患者さんの“許容範囲”をつかみ、フィードバック
  2. まずは、清涼飲料水をやめるべし
  3. 代替品として組み入れる加工食品という考え方
  4. 空腹感を感じたときの解消法
  5. おやつは“甘み”を求めて食べるのか
  6. 消費者も変わらなくては!
  7. コンビニや菓子メーカーも、協力してもらえれば・・・
  8. 間食指導抜きに、食事指導はありえない

  1. 指導症例(管理栄養士編)
2010年1月
  1. 無意識に食べていた間食やスポーツドリンクをやめて減量
  2. 間食を減らす工夫を患者さんと話し合って改善

  1. 指導症例2(臨床医編)
2010年2月
  1. 症例検討とまとめ (1)
  2. 症例検討とまとめ (2)