ニュース(旧資料室) イベント・学会情報 テキスト(学習) データ(資料) 談話室(BBS) メールマガジン モバイル 初めての方へ
糖尿病患者さんの間食指導をどうする? トップページへ メールマガジン無料登録
I. 「糖尿病患者さんの間食」、どう思いますか?
2 患者さん自身で考えて、間食を判断・調節できるようになってほしい
吉田:私の持論では、間食をしても良いか、しないほうが良いか、するならどれぐらいの量が適当か、こういったことは、患者さん自身に判断をしてもらいたいと考えています。やはり、患者さん個々で血糖コントロールも違いますし、どれぐらいが適切かというのも全部違いますので、最終的には自分自身で“良い・悪い、量やタイミング”を判断(ジャッジ)できるようになるというのが食事療法の目指すところではないかと思います。その“判断”を行うための情報提供をするのが私たち管理栄養士との「栄養指導・相談の時間」です。間食をしたいのであれば、どうしたら間食できるか?を患者さんと一緒に考えていきます。
 なぜ“禁止”にしないのかというと、もし自分だったらどうだろうか?と考えたとき、私は個人的に甘いものは大好きだし、一生諦めるというのは無理。私だったら、どういう情報が欲しいか?―できるだけマイナスの少ない食べ方を知りたい、そういう情報がほしいと思う。だからできるだけそれに近い情報提供を患者さんに行うようにしています。
 これまでに医療機関でだめだと言われた経験や、医療スタッフに聞くまでもなく、だめだろうなというイメージをもっていらっしゃる患者さんが多いので、ただでさえ、医療スタッフにお菓子の話をするのは勇気がいると思うんですね。ですから結局、医療スタッフの知らないところで(隠れて)食べてしまうことに。患者さんは、罪悪感をもちつつ食べており、反動で必要以上に食べてしまったり、自分がどれぐらい食べているのか把握できていなかったり、といった状況がうまれます。どういったタイミングで食べているかも含めて、自分のクセを見抜くことができない、という事態にもつながります。とにかく、オープンに間食の話をすれば、患者さんの食べている量や種類の改善がより簡単にできるのではないかと感じています。
 あとは、病院の方針もあると思いますが、なかなか栄養相談に来てもらえない、という現実があります。もっと気軽に話に来てもらいたい。糖尿病は長く何十年もつきあっていく病気ですから、食事療法を継続するきっかけとして、禁止にするものは少ないに超したことはないと思います。禁止事項がないことは、療養生活を続けていく上で、大きなやる気、原動力になると思うんです。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2009年09月

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わされるようになりました。過去のコンテンツの一部にはこの変更に未対応の部分があります。

  1. 「糖尿病患者さんの間食」、どう思いますか?
2009年9月
  1. 基本の3食以外に間食を入れると血糖パターンが乱れる
  2. 患者さん自身で考えて、間食を判断・調節できるようになってほしい
  3. わかっちゃいるけど、やめられない!
  4. 血糖コントロールの改善をするなら禁止がベスト?
  5. 行事やお付き合い・・・“社会的なおつきあいのお菓子”はどう扱う?
  1. 「糖尿病患者さんの間食指導」、どうしていますか?
2009年10月
  1. “間食をやめる”より“野菜を食べる”方が難しい
  2. 目で見て、お菓子の“量”を実感させる
  3. 憩いのクッキーを止めるか否か?
  4. 療養生活にうまく間食を取り入れるには
  5. 患者さんのタイプに合わせて指導を考える〜ストイックにやりすぎても続かない

  1. 「効果的な間食指導」とは何かを考える
2009年11月
  1. 患者さんの“許容範囲”をつかみ、フィードバック
  2. まずは、清涼飲料水をやめるべし
  3. 代替品として組み入れる加工食品という考え方
  4. 空腹感を感じたときの解消法
  5. おやつは“甘み”を求めて食べるのか
  6. 消費者も変わらなくては!
  7. コンビニや菓子メーカーも、協力してもらえれば・・・
  8. 間食指導抜きに、食事指導はありえない

  1. 指導症例(管理栄養士編)
2010年1月
  1. 無意識に食べていた間食やスポーツドリンクをやめて減量
  2. 間食を減らす工夫を患者さんと話し合って改善

  1. 指導症例2(臨床医編)
2010年2月
  1. 症例検討とまとめ (1)
  2. 症例検討とまとめ (2)