糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

薬物療法について

インスリンポンプ療法マニュアル 改訂第3版

2020.06.05

インスリンポンプ療法の実際書として広く活用されているマニュアルの改訂第3版。改訂第2版以降の進歩(インスリンポンプ新機種の導入、CGMの普及、SAP療法の普及、日本糖尿病学会によるカーボカウント新基準の発表など)を盛り込んだ。糖尿病治療に関するデバイスの発展を反映し、糖尿病診療に携わるすべての医師・医療スタッフ必携の一冊。

●B5・286ページ 本体\5,000+税 株式会社 南江堂
 ホームページ→トップ


安心してインスリンポンプを使用するためのエッセンス

2018.10.10


小出 景子、池田 富貴、辻野 大助、鈴木 亮(著)

◆内容紹介
・インスリンポンプを必要とする患者さんと
 インスリンポンプ療法を指導する医療者に向けて、
 インスリンポンプの基礎知識から発生頻度が高いトラブル対応を
 ピックアップしてまとめたインスリンポンプ入門書
・イラストと写真でわかりやすく解説
・インスリンポンプでわからないことがあったら、本書を参照

◆目次
第1章 インスリンポンプとCGM
第2章 使い始めのトラブルと質問 医療スタッフ編
第3章 ミニメド620G/640Gで発生頻度が高いエラー(アラーム・アラート)と対処方法 患者様編
第4章 救急外来用インスリンポンプ対応マニュアル
SCC研究会の紹介
索引
付録(無料ダウンロード)救急外来用インスリンポンプ対応マニュアル

  • B5判、60ページ
  • 定価¥1,500+税
  • 2018年7月25日発売
  • ISBN:978-4-908437-16-8

ご購入は弊社(TEL:03-6264-9720 FAX:03-6264-9990)まで
 ご注文・お問い合わせEメールはこちらから  
 もしくは「amazon(外部サイト)」へ


いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67

2017.06.28


内容紹介
 2型糖尿病の薬物療法は、近年新たなインスリン製剤やGLP-1受容体作動薬が登場し、注射薬と経口薬を組み合わせた適切な血糖コントロールが求められている。本書は特に糖尿病の専門ではない、注射療法をこれから始める医師、スタッフが注射療法導入の際に直面する様々な疑問、患者指導のポイントなどをわかりやすく解説し、実臨床ですぐに役立つ一冊となっている。

●254ページ・2016年・A5・3,400円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ



経口糖尿病治療薬の疑問76

2017.06.28


内容紹介
 SGLT2阻害薬を含め,近年新薬の登場で複雑になった糖尿病薬物治療について,臨床現場の疑問にQ&A形式で応える実践書.

●300ページ・2015・A5・3,400円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ


東大病院 糖尿病教室

2015.06.20

● 好評書籍「やさしい糖尿病教室 改訂版」を全面改訂し,新たに「東大病院 糖尿病教室」として発刊!
● 1テーマ1頁を基本に,“糖尿病治療のすべて”を紹介。患者さんに分かりやすく,かつ幅広く解説。
● 患者さんのご家族や,糖尿病医療スタッフにも最適の一冊!
(出版社HPより)

●A4判 104頁 2015年発行 医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→トップ


1 2 3 4

このページの
TOPへ ▲