糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

糖尿病全般

さらにかんたん! カーボカウント

2019.08.06


 責任編集の川村智行氏らがカーボカウントを導入したころは,カーボカウントもまだ認知度の低いものでした。川村氏らのグループが臨床でカーボカウントを使い始め,研究会や学会で報告し始めた2003 年ごろには,「日本食では合わないでしょう」,「西洋のように単純な食事ではないわが国では無理だ」といった意見をいただきました。このような疑問を払拭して,多くの1型糖尿病の患者さんたちにカーボカウントの有用性を知ってもらいたいという思いから、何より短く,いいやすいと考え,カーボカウントと命名し、川村氏らは活動を続けてきました。そして今では,糖尿病に関係する医療者であれば,カーボカウントを聞いたことがない方はいないぐらいの用語になりました。また,糖尿病の関連学会で1型糖尿病に関する研究や症例報告では,カーボカウントが当然のように出てくるようになりました。
 しかし現在,どの程度の1型糖尿病の患者さんが実際にきちんと使えているかという点では,十分ではありません。「糖質量の見積もりができない」,「計算が難しい」という意見を聞きます。そこでこのたび,川村氏らが積み重ねてきた経験をもとに『さらにかんたん! カーボカウント』を出版することにしました。
 さらにわかりやすく,もっとかんたんに,カーボカウントを始め,使いこなしていただくことができるように工夫しました。また,本文中では、患者さん自らが開発されたカーボ読み取り専用アプリ「カーボフラッシュトレーニング」も紹介,web上で気軽に体験することが可能です。


わたし糖尿病なの あらたなる旅立ち

2018.11.28

前著『わたし糖尿病なの』発行から20年.
糖尿病のある人生を明るく,楽しく,前向きに生きていくヒントが満載の一冊.

●糖尿病を抱えながらも医師になる夢を叶え,人生に果敢に挑戦し続ける著者の20年の軌跡.
●糖尿病専門クリニック開業や恩師から学んだこと,糖尿病サマーキャンプでの仲間との交流,フルマラソンへの挑戦,父母との別れ,1型糖尿病臨床研究センターの立ち上げなど糖尿病患者・家族や糖尿病医療関係者に幅広く読んでいただきたいエピソードが満載.

著者:南 昌江

目次
序章 夢の実現
第2章 執筆・講演活動
第3章 サマーキャンプ
第4章 マラソン
第5章 恩師
第6章 王貞治さん
第7章 1型糖尿病の仲間たち
第8章 父と母
終章 あらたなるステージへ




妊娠糖尿病からわたしとベビーを救った奇跡のメソッド ~誰も書かなかった妊娠糖尿病のリアル~オリジナル低糖質・低GI食レシピ付 (単行本)

2018.11.02

えっ、わたし妊娠糖尿病なんですか?
ある日突然宣告された妊娠糖尿病。人生最大のピンチに見舞われた著者が、自らの身体で実験を重ねて克服法を考案。

著者:金子洋子(一般社団法人ロカロジ協会 代表)
医学監修:日本糖尿病・妊娠学会 理事長 平松祐司先生
栄養学監修:十文字学園女子大学 講師 林 進先生

目次
1. はじまりは突然に
2. 無我夢中のバトル 第1子誕生
3. 不安と反対を乗り越えて 第2子誕生
4. 妊娠糖尿病のない社会へ
5. ロカロジで行こう!
(主な食品別糖質量・GI一覧表/オリジナル低糖質・低GIメニュー付き)





1型糖尿病をご存知ですか?
「1型はひとつの個性」といえる社会をめざして

2018.03.20

 糖尿病には1型と2型があることを知らない人は多い。1型糖尿病は、インスリンを打ちさえすればふつうの人と変わらず生活できることから、1つの「個性」だと筆者は考える。
 一方で、患者さんは病気の苦労に加え、経済的負担、社会的偏見など多くの困難を抱えており、この側面では「難病」と言えるという。
 本書では、1型糖尿病がどういう病気かを詳しく解説。1型糖尿病の患者さんが抱える現実を知り、ほかの様々な不治の病・難病についても考えていただきたい。

[ここがポイント]
◎ 1型糖尿病の患者さんを取り巻く現状を、実際の患者さんの声を多数まじえながら解説。
◎ インスリンの発見と治療への活用、iPS細胞による「治らない病気」から「治る病気」へ向けた動きなど、1型糖尿病の治療の歴史から最新情報までを解説。
◎ 1型糖尿病治療の先進国といわれるフィンランドの状況を詳しく紹介。何度も現地を訪れた筆者だからこそ提供できる情報。

●4-6版・224ページ 本体\2,200円+税
 出版社ホームページ→トップ


糖尿病治療の手びき2017改訂第57版

2017.06.28


内容(出版社HPより)
「糖尿病に関する知識の伝道」を目的に長年改訂を続け,多くの患者さん・ご家族に愛読されてきた好評書.糖尿病の病態から診断・治療方法,合併症の詳細について,根拠とともに患者さんにわかりやすい図表と大きな活字で解説.また,新たに巻末にQ&Aを掲載し,患者さんの疑問・質問に答えている.初めて糖尿病を勉強する患者さん・ご家族のほか,医療従事者が患者さんに説明する際にも役立つ一冊.

●150ページ・2017年・B5・650円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ


1 2 3 4

このページの
TOPへ ▲