糖尿病の本・ビデオ

薬物療法

糖尿病最新の治療2022-2024

2021.11.09

  • 概要:3年ごとの定期刊行で,糖尿病治療の最新情報と治療方針を簡潔にまとめた最新版.巻頭トピックスでは,「CGM metricsの最新のエビデンス」「糖代謝異常者における循環器病の診断・予防・治療」「新型コロナウイルス感染症と糖尿病」など,話題の10テーマを取り上げている.また,今版では新たに薬物療法について「GLP-1受容体作動薬とインスリンの併用療法」の項目を新設し,配合剤も含む併用療法について最新の情報を盛り込んだ.
  • 判型・頁:B5・362
  • 価 格:定価:8,800円(本体8,000円 + 税)
  • 発行日:2021年11月 9日

出版社:南江堂

糖尿病のくすり 徹底ナビゲートBOOK

2021.10.22

糖尿病ケア2021年秋季増刊
薬の特徴・処方のポイント・インスリンポンプ療法がわかる!

糖尿病のくすり 徹底ナビゲートBOOK

糖尿病薬の最新情報&患者指導を総まとめ!
糖尿病治療薬の基礎知識や症例で学ぶ処方のポイントに加え、インスリンポンプ療法や合併症・関連疾患の薬剤、注意したい市販薬と、糖尿病にまつわる薬物療法を網羅的に解説する。図解でわかる薬の作用機序や使い方は患者説明シートとしてダウンロードでき、臨床現場ですぐに使える。

開発が進む血糖測定機器、三大合併症や肥満・高血圧といった関連疾患の治療に使う薬剤、患者によく聞かれるOCT医薬品・健康食品も解説。
"なぜこの患者にこの薬が処方されているのか?"を理解して適切な患者指導ができる一冊! 糖尿病治療薬の最新情報も!

●B5・約248ページ 本体\4,400円(税込) メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ糖尿病ケア


糖尿病ケア2021年秋季増刊
薬の特徴・処方のポイント・インスリンポンプ療法がわかる!
糖尿病のくすり 徹底ナビゲートBOOK
ダウンロードできる患者説明シートつき

2021.08.30

  • 概要:
    糖尿病薬の最新情報&患者指導を総まとめ!

    糖尿病治療薬の基礎知識や症例で学ぶ処方のポイントに加え、インスリンポンプ療法や合併症・関連疾患の薬剤、注意したい市販薬と、糖尿病にまつわる薬物療法を網羅的に解説する。図解でわかる薬の作用機序や使い方は患者説明シートとしてダウンロードでき、臨床現場ですぐに使える。
  • 判型・頁:B5・248
  • 価 格:定価:4,400 円(税込)
  • 発行日:2021年8月30日

出版社:メディカ出版


糖尿病の予防・治療に携わる医師・医療スタッフのための
セミナー糖尿病診療アドバイス【電子版付】

2021.06.14

  • 概要:糖尿病患者さん一人ひとりにわかりやすく説明するために必携の1冊!
    食事療法・運動療法・2型糖尿病の薬物療法についての新しい情報と,患者さんに対するアドバイスのポイントを紹介しています。
    著者の豊富な臨床経験をもとに,多くの情報から取捨選択・整理した上で重要な情報を厳選してコンパクトにまとめています。
    著者が普段外来で患者さんに伝えている内容や,患者さんに食事療法や運動療法を続けてもらうための工夫が満載です。
    糖尿病の日常診療にすぐに活かせる実践的な内容です。
    食事・運動・薬物を総合した効率的な治療につなげるために必携の1冊です!
    付録:無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)
  • 判型・頁:A5・144
  • 価 格:定価:2,970円 (本体2,700円+税)
  • 発行日:2021年6月14日

出版社:日本医事新報社

ここが知りたい! 糖尿病診療ハンドブックVer.5

2021.03.23

  • 概要:最新にして最良の『糖尿病診療ハンドブック』.新規項目として,「患者さんへの心理面からのアプローチ 」,「糖尿病の療養支援」.リアルタイムCGM,FGMなどの最新機器,2020年のADA(米国糖尿病協会)診療ガイドライン,SGLT2阻害薬,GLP-1受容体作動薬の新しいエビデンス,超速効型インスリン製剤,GLP-1受容体製剤と持効型インスリンの配合剤についてなど最新の情報を網羅する.新たな執筆者も多数加わった全面改訂版!
  • 判型・頁:A5・454
  • 価 格:定価:4,180円(本体3,800円 + 税)
  • 発行日:2021年3月23日

出版社:中外医学社

徹底解説!糖尿病治療薬 選び方・使い方
患者に応じた処方のポイント

2021.02.08

  • 概要:近年,新規糖尿病治療薬の発売が続き,使用する薬物の選択肢が増えた一方で,薬物の選択方法は複雑かつ難しくなった.本書では,年齢や性,糖尿病の型や病態,罹病期間,合併症や併存症の有無だけでなく,疾患や治療に対する患者の思い,経済的状況を含む家庭環境など,さまざまな患者の状況において,最適と思われる薬物の選択方法の考え方や根拠を解説している.また,さまざまな条件を持つ典型症例も提示し,処方に至る過程をより実感できるような工夫もしている.さらに,病態別に選択するべき薬物が一目でわかる早見表も付録として添えた.ガイドラインに記載されている一般的な原則と臨床医の経験則をつなぎ,最適な薬物選択に最短距離でたどり着くための一冊.
  • 判型・頁:B5・224
  • 価 格:定価:4,950 円 (本体 4,500円 + 税10%)
  • 発行日:2021年2月 8日

出版社:文光堂

糖尿病専門医研修ガイドブック 改訂第8版
日本糖尿病学会専門医取得のための研修必携ガイド

2020.12.07

  • 概要:日本糖尿病学会専門医認定委員会による「糖尿病専門医研修カリキュラム」に準拠したガイドブックの改訂第8版.2017年発行の改訂第7版の項目を改めて大幅に見直した.『糖尿病診療ガイドライン2019』に準拠し,食事療法,患者の自己管理教育・療養指導を充実.新規薬剤や臨床エビデンスについてもアップデート.日本糖尿病学会が総力を結集したスタンダードテキストであり,糖尿病専門医を目指すすべての医師必携の書!
  • 判型・頁:B5・580
  • 価 格:定価:9,350円(本体価格8,500円+税)
  • 発行日:2020年12月 7日

出版社:診断と治療社


糖尿病治療マスターのための注射療法マニュアル
導入からトラブル対処まで

2020.09.16

  • 概要:糖尿病治療において重要な位置を占める注射療法(インスリン、GLP-1受容体作動薬)の完全版ガイドブック。注射療法においては製剤の知識だけでなく、デバイスに関する正しい理解が必須であり、それにより良好な糖尿病コントロールが実現される。本書では、デバイスの特徴と基本操作から自己注射指導の実践トラブル時の対応までを他書にない詳細さで解説。糖尿病治療・療養指導にあたるメディカルスタッフの現場に役立つ内容が満載。
  • 判型・頁:B5・312
  • 価 格:定価:4,400円(本体4,000円 + 税)
  • 発行日:2020年9月16日

出版社:南江堂

糖尿病治療からDMS(データマネジメントシステム)指導まで いま読んでおきたい! 血糖データの活かし方

2020.06.05

SMBG,CGM,FGMの出現により日常生活でのリアルな血糖変化の測定ができるようになった.一方,そのデータは膨大であり,インスリン注射や食事,運動等と統合したデータマネジメントシステム(DMS)が必要となる.本書はDMS指導に重要なCGM,FGMや進化したインスリンポンプ,最新アプリ等を事例と共に紹介した.糖尿病管理・指導に役立つ1冊.

出版社:●B5・378ページ 本体\4,200+税 株式会社 南山堂
 ホームページ→トップ

インスリンポンプ療法マニュアル 改訂第3版

2020.06.05

インスリンポンプ療法の実際書として広く活用されているマニュアルの改訂第3版。改訂第2版以降の進歩(インスリンポンプ新機種の導入、CGMの普及、SAP療法の普及、日本糖尿病学会によるカーボカウント新基準の発表など)を盛り込んだ。糖尿病治療に関するデバイスの発展を反映し、糖尿病診療に携わるすべての医師・医療スタッフ必携の一冊。

出版社:●B5・286ページ 本体\5,000+税 株式会社 南江堂
 ホームページ→トップ

1 2 3 4

このページの
TOPへ ▲