糖尿病の本・ビデオ

食事療法

はじめてのカーボカウント 4版

2022.03.24

  • 概要:はじめてカーボカウントを学ぶ人のために,基本から具体例まで解説する入門書の第4版.前版からの進歩や,糖質制限のさらなる普及を踏まえた内容にアップデートするほか,妊娠糖尿病や高齢糖尿病などシチュエーション別解説はじめ新項目を追加し,さらに充実!読みやすいレイアウトとやさしくわかりやすい説明で患者指導にも役立つ1冊.
  • 判型・頁:B5・122
  • 価 格:定価:3,300円(本体3,000円 + 税)
  • 発行日:2022年3月24日

出版社:中外医学社

糖尿病食事療法のベストチョイス
「緩やかな糖質制限」ハンドブック 3版【電子版付】

2022.01.25

  • 概要:糖質制限療法のトップランナーによる唯一の医学専門書、最新アップデート版!
    食事療法は継続こそ重要!安全で無理なく続けられる糖尿病食事療法「緩やかな糖質制限」について糖質制限療法のトップランナーである山田悟先生が解説する唯一の専門書、改訂第3版です。
    「緩やかな糖質制限」は、忙しい患者さんでも少しの工夫で続けられます。本書には、美味しく楽しく食べて健康になれる治療食のヒントが満載です。
    日本食品標準成分表2020年版(八訂)、最新のガイドライン、エビデンスも踏まえアップデート。
    各種薬剤との併用についても解説しています。
    今版でも引き続き、具体的な指導事例を収載。指導内容が具体的にわかります。
    患者さんに寄り添おうと悩んできた医療従事者にとって、必ず頼りになる1冊です。
    付録:無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)。
  • 判型・頁:B5・168
  • 価 格:定価:3,850円 (本体3,500円+税)
  • 発行日:2022年1月25日

出版社:日本医事新報社

臨床栄養 139巻6号 2021年11月号
CGM/FGMを用いた糖尿病治療
-血糖トレンドを栄養指導に活かす

2021.11.01

  • 概要: 重症低血糖の予防や血糖値の日内変動を捕捉する方法としては従来,1日数回のスポットで行う血糖自己測定(SMBG)が用いられてきましたが,近年,これを補完する方法として,血糖トレンドを持続的に把握するCGM(continuous glucose monitoring)やFGM(flash glucose monitoring)の有用性に注目が集まっています.CGM/FGMでは,機器から得られる大量の血糖データを解析することでTIR(time in range)などの新たな評価指標が得られるようになり,また,スマートフォンなどのデジタル機器を用いて患者と医療者が情報を共有できるようになるなど,患者への指導・介入において大きな変化をもたらしています.
     本特集では,本領域で先進的な取り組みをされている先生方に,現在使用できる機器の特性をはじめ,得られるデータおよび評価指標とその活用についての考え方,また薬剤ごとの血糖変動の特徴から考える治療薬の選択,チームで取り組むデータマネジメントシステム指導TMなど,CGM/FGMを臨床に取り入れるにあたっての基礎知識を整理していただき,さらに,管理栄養士にとって重要な栄養・食事指導への活かし方については,実際の症例を含めてご解説いただいています.
     糖尿病の食事指導においては近年,ガイドラインなどで柔軟な個別化指導を重視する方向性が示されていますが,その潮流の中で,本特集が血糖トレンドを活かした新しい栄養業務につながる一助となれば幸いです. (編集部)
  • 判型・頁:B5・128
  • 価 格:定価:1,870円(本体 1,700円+税10%)
  • 発行日:2021年11月 1日

出版社:医歯薬出版


糖尿病の予防・治療に携わる医師・医療スタッフのための
セミナー糖尿病診療アドバイス【電子版付】

2021.06.14

  • 概要:糖尿病患者さん一人ひとりにわかりやすく説明するために必携の1冊!
    食事療法・運動療法・2型糖尿病の薬物療法についての新しい情報と,患者さんに対するアドバイスのポイントを紹介しています。
    著者の豊富な臨床経験をもとに,多くの情報から取捨選択・整理した上で重要な情報を厳選してコンパクトにまとめています。
    著者が普段外来で患者さんに伝えている内容や,患者さんに食事療法や運動療法を続けてもらうための工夫が満載です。
    糖尿病の日常診療にすぐに活かせる実践的な内容です。
    食事・運動・薬物を総合した効率的な治療につなげるために必携の1冊です!
    付録:無料の電子版が付属(巻末のシリアルコードを登録すると、本書の全ページを閲覧できます)
  • 判型・頁:A5・144
  • 価 格:定価:2,970円 (本体2,700円+税)
  • 発行日:2021年6月14日

出版社:日本医事新報社

ここが知りたい! 糖尿病診療ハンドブックVer.5

2021.03.23

  • 概要:最新にして最良の『糖尿病診療ハンドブック』.新規項目として,「患者さんへの心理面からのアプローチ 」,「糖尿病の療養支援」.リアルタイムCGM,FGMなどの最新機器,2020年のADA(米国糖尿病協会)診療ガイドライン,SGLT2阻害薬,GLP-1受容体作動薬の新しいエビデンス,超速効型インスリン製剤,GLP-1受容体製剤と持効型インスリンの配合剤についてなど最新の情報を網羅する.新たな執筆者も多数加わった全面改訂版!
  • 判型・頁:A5・454
  • 価 格:定価:4,180円(本体3,800円 + 税)
  • 発行日:2021年3月23日

出版社:中外医学社

糖尿病専門医研修ガイドブック 改訂第8版
日本糖尿病学会専門医取得のための研修必携ガイド

2020.12.07

  • 概要:日本糖尿病学会専門医認定委員会による「糖尿病専門医研修カリキュラム」に準拠したガイドブックの改訂第8版.2017年発行の改訂第7版の項目を改めて大幅に見直した.『糖尿病診療ガイドライン2019』に準拠し,食事療法,患者の自己管理教育・療養指導を充実.新規薬剤や臨床エビデンスについてもアップデート.日本糖尿病学会が総力を結集したスタンダードテキストであり,糖尿病専門医を目指すすべての医師必携の書!
  • 判型・頁:B5・580
  • 価 格:定価:9,350円(本体価格8,500円+税)
  • 発行日:2020年12月 7日

出版社:診断と治療社

糖尿病の最新食事療法のなぜに答える 基礎編

2020.09.28

  • 概要:糖尿病の食事療法に関する疑問や質問に,根拠をもって説明・指導できる!

    内容紹介
    ●日常臨床や療養指導で遭遇する糖尿病の食事療法の疑問や質問について,Q&A形式でわかりやすく解説.
    ●「糖尿病診療ガイドライン2019」「糖尿病治療ガイド2020-2021」「日本人の食事摂取基準(2020年版)」等の最新情報を反映.
    ●糖尿病の食事療法の基本となる総エネルギー摂取量や栄養素バランスに関する新しい考え方を確認し,患者の個別性を考慮した栄養指導・管理を実践するための必携書!
    ●月刊「臨床栄養」の好評別冊「栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズvol.7」の内容をアップデートさせた待望の書籍化.
  • 判型・頁:B5・152
  • 価 格: 3,080円(本体 2,800円+税10%)
  • 発行日:2020年9月28日

出版社:医歯薬出版


糖尿病治療からDMS(データマネジメントシステム)指導まで いま読んでおきたい! 血糖データの活かし方

2020.06.05

SMBG,CGM,FGMの出現により日常生活でのリアルな血糖変化の測定ができるようになった.一方,そのデータは膨大であり,インスリン注射や食事,運動等と統合したデータマネジメントシステム(DMS)が必要となる.本書はDMS指導に重要なCGM,FGMや進化したインスリンポンプ,最新アプリ等を事例と共に紹介した.糖尿病管理・指導に役立つ1冊.

出版社:●B5・378ページ 本体\4,200+税 株式会社 南山堂
 ホームページ→トップ

臨床栄養 糖尿病エキスパートブック 食事療法・栄養指導に活かす最新情報

2020.05.29

「糖尿病診療ガイドライン2019」が発表され、糖尿病患者の食事療法におけるエネルギーの考え方が変わったこと、また、治療薬をはじめとした糖尿病診療の著しい進展を背景にして、本臨時増刊号では、糖尿病診療にかかわるスタッフが知っておくべき最新情報や知識を一冊にまとめた。
食事療法・栄養指導はもちろんのこと、糖尿病の研究や治療薬・インスリン療法の進歩、合併症・併存症における最新トピックス、カーボカウント、運動療法についてなど、高度化する糖尿病診療にかかわる情報を網羅的に紹介。

出版社:●B5判・228ページ 本体\2,900円+税 医歯薬出版株式会社
 ホームページ→臨床栄養

臨床栄養2020年5月号 臨時増刊号
糖尿病エキスパートブック
食事療法・栄養指導に活かす最新情報

2020.05.25

  • 判型・頁:B5・228
  • 価 格:3,190円(本体 2,900円+税10%)
  • 発行日:2020年5月25日

出版社:医歯薬出版

1 2 3 4

このページの
TOPへ ▲