糖尿病の本・ビデオ

2021年09月09日

Q&Aでわかる!糖尿病×循環器疾患の治療
血糖管理だけではない新しい考え方

  • 編・著:伊藤 浩 編集
  • 発行日:2021年9月 9日
  • 判型・頁:A5・224
  • 価 格:定価:4,400円(本体4,000円 + 税)
  • 出版社:南江堂
  • 概要:実臨床で苦慮する糖尿病を合併した循環器疾患に対して,どのように糖尿病をコントロールし,各循環器疾患を治療すべきか,Q&A形式でわかりやすく解説.具体的な治療法だけでなく,糖尿病を合併する循環器疾患の発症機序や治療薬の作用機序,早期診断のコツと注意点など,治療戦略を立てる上で根拠となる知識も網羅.臨床現場のギモンに応える一冊となっている

目次:
第1章 糖尿病×心不全
 Q1.糖尿病と心不全の関連と予後に及ぼす影響は?
 Q2.糖尿病性心筋症の定義とその原因は?
 Q3.糖尿病患者の心不全発症を予防するための降圧療法はどうしたらよいか?
 Q4.糖尿病患者で隠れ心不全を見つけるコツは?
 Q5.糖尿病患者の心エコー図検査は何に注意したらよいか?
 Q6.糖尿病×心不全の初期段階(ステージA,B)はどのように治療すればよいか?
 Q7.糖尿病×HFrEF はどのように治療すればよいか?
  COLUMN 実はメトホルミンはHFrEF 患者に有効である
 Q8.糖尿病×HFpEF はどのように治療すればよいか?
 Q9.なぜ心不全患者にインスリン抵抗性,糖尿病が多いのか?
 Q10.なぜSGLT2 阻害薬は心不全に有効か?

第2章 糖尿病×冠動脈疾患
 Q11.糖尿病における動脈硬化の機序は?
  COLUMN 糖尿病患者の血管内皮機能に悪いのは高血糖? それとも高脂血症?
 Q12.リスク層別化はどうすればよいか?
 Q13.糖尿病患者の冠動脈狭窄をどのように診断すればよいか?
 Q14.糖尿病患者における血行再建の選択基準は?―PCI vs CABG
 Q15.糖尿病患者の一次予防に低用量アスピリンはどのように投与すればよいか?
 Q16.糖尿病治療薬の中でも脂質異常症の改善効果があるものは?
 Q17.糖尿病×冠動脈疾患において糖尿病治療薬をどのように選択すればよいか?
 Q18.DPP-4 阻害薬ではなく,GLP1-RA に動脈硬化抑制作用があるのはなぜか?
 Q19.糖尿病×末梢動脈疾患(PAD)はどのように治療すればよいか?

第3章 糖尿病×不整脈
 Q20.糖尿病と心房細動の疫学は?
 Q21.糖尿病患者で心房細動を見逃さないコツは?
 Q22.糖尿病×心房細動はどのように治療すればよいか?
 Q23.糖尿病と心臓突然死の関連性は?

第4章 糖尿病×リスク因子
 Q24.糖尿病×脂質異常症はどのように治療すればよいか?
 Q25.糖尿病×高血圧はどのように治療すればよいか?
 Q26.糖尿病×CKD はどのように治療すればよいか?

第5章 糖尿病治療薬の疑問
 Q27.なぜ古くて新しいメトホルミンが注目されているのか?
 Q28.メトホルミンの副作用と使用上の注意点は?―乳酸アシドーシスと造影剤腎症
 Q29.ESC/EASD,ADAのガイドラインではDPP-4 阻害薬の位置づけについてどのように記載しているか?
 Q30.一般内科医でもできるGLP-1RA の具体的使用方法は?
 Q31.GLP-1RA の経口剤とは?
 Q32.GLP-1RA の副作用と使用上の注意点は?
 Q33.SGLT2 阻害薬は腎保護効果があるものの,腎不全に対して慎重投与となっている.どのように考えたらよいか?
 Q34.SGLT2阻害薬は高齢者に投与しても安全か?
 Q35.SGLT2阻害薬は心臓突然死を減少させるか?
 Q36.ピオグリタゾンの作用機序とエビデンスは?
 Q37.ピオグリタゾンの副作用と使用上の注意点は?―心不全,膀胱がん,体重増加
 Q38.α-GI の心血管イベントに関するエビデンスは?
 Q39.2型糖尿病患者で低血糖を生じないためのインスリン投与のコツは?

第6章 糖尿病治療での注意点
 Q40.高齢者糖尿病患者が増えているが,サルコペニアの関与は?
 Q41.なぜ高インスリン血症は避けなければいけないのか?
 Q42.ESC/EASD,ADAのガイドラインではA1cの治療目標についてどのように記載しているか?
 Q43.なぜ低血糖は避けなければならないのか?
 Q44.なぜdiabetic kidney disease(DKD)と呼ばれるようになったのか? diabetic nephropathy(DN)と何が違うのか?"

このページの
TOPへ ▲