トップページへ メールマガジン無料登録

36.国際会議の開催

図1
1. UGDPの発表
 第13回日本糖尿病学会年次学術集会は1970年5月21日、22日の両日、熊本市民会館で開催された。その第2日目にテレビや日刊紙がトルブタマイド長期服用者に心臓死が有意に多いという米国12大学で10年かけて行ったUGDP(University Group Diabetes Program)の結果を報じた(図1)。このニュースは参加者に動揺を与え、また真偽をめぐって話題となった。

 UGDPの心臓死は心疾患の多かった1、2の施設に多かったなどの報告もなされたが、その理由は明らかにされずしまいで、近年のテキストにはUGDPの文字も見当たらないようになってしまった。SU剤の心筋への作用、特にKATPに対する影響などについて吟味が必要であったかもしれない。このUGDPの報告はSU剤の乱用に注意を与え、特に No.30 に述べた低血糖事故にも注意を促すことになった。

図2 開催についての御案内
2. 第1回SDMA開催
 わが国では第8回糖尿病国際会議(IDF)を引き受けないことが前年の京都での年次集会時の評議員会で決まったが、国際会議を開きたいという考えをもつ会員は多く、特に近畿地区ではIDFの誘致に積極的な人達が多かった。

 熊本での第13回年次集会ではシンポジウムとしてEpidemiology of Diabetes Mellitus in Asian Peopleが取り上げられ、神戸大学 辻 昇三教授がその司会をなさることになって、各国に連絡したところ参加希望者が予想外に多く、年次集会とは別個に国際シンポジウムを開催することになった。ちょうど大阪で万国70が開催中でもあった。このようにして辻教授は図2のような呼びかけをなされた。

 このようにしてSymposium on Diabetes Mellitus in Asia, 1970(SDMA)が計画された。そして熊本の第13回年次集会に引き続いて、5月24日、神戸市商工貿易センターで国際シンポジウムが開かれた。Pima IndianのP. Bennett博士、インドネシアのSukaton教授らも発表した。

 筆者らはこのシンポジウムで、踵に磁石を付けて感応コイルを流れる電流を心電計で増幅するLawsonの方法を用いてアキレス腱反射(ATR)を分析した結果を発表した。図3のように健常者ではアキレス腱を短時間で連続して叩いても反射が起こるのに対し、神経障害の始まっている人では時々休んでまた起こるのを菊池 仁学士(当時)が観察していたので、それらを発表した。

図3 Lawson法と記録された図


図4 SDMA'70の記録(258頁)
258頁

図5 Joslin 11版(中央)、訳書(左)
1978年、1103頁
 SDMA1970は大成功であった。これがわが国での糖尿病の国際会議の始まりであり、1994年の第15回IDF開催への第一歩となった。会議の記録は図4のようにB5変形版258頁の本として台糖ファイザー社の協力を得て1万8,000部Excerpta Medica社より出版され、全世界の研究者に配布された。
3. ジョスリン日米合同糖尿病教育研修会議
 1971年4月より弘前大学第3内科の診療が始まった。研究室にはまだ機器らしいものも並んでいなかった。そこで皆でJoslinの本の翻訳をやってみようということになった。廣川書店から出版することも決まり、このことについてJoslin Clinicの主任Marble博士に手紙を出した。Leo P. Krall博士より了承の返事があったが、同時にJoslin Clinicでは海外でもPost-Graduate Lectureをやっているので、ぜひ日本でもやらないかという申入れも書かれていた。

 これはぜひやらなければなるまいと思い、学会理事会に話して開催の諾否を決めるので待って欲しいと返事を出した。学会理事会はIDFを断ったばかりだし開催するはずはないと考え、一方で京都府大1内の福井 巖助教授と教授に就任間もない神戸大学2内の馬場茂明教授に相談した。2人とも開催賛成であった。一方SDMA'70から5年後のSDMA'75をどうするかという問題もあった。筆者ら福井・馬場の3名は何度も相談をし、そして、1975年9月9日〜11日京都宝ヶ池国際会議場でSDMA'75、9月13日、14日に大阪商工会議所国際会議ホールで日米合同研修会議を開催することになった。

 SDMA'75では、

会 長馬場茂明
副会長福井 巖、後藤由夫
顧 問阿部 裕、和田正久
実行委員赤沢好温、林 泰三、奥野巍一、繁田幸男、谷口 洋、垂井清一郎
事務局長佐古田雅弘

 日米合同研修会議では、
名誉会長Charles H. Best、葛谷信貞
会 長Alexander Marble、和田正久
副会長馬場茂明、後藤由夫
事務局長繁田幸男
総 務Leo P. Krall
のメンバーであった。

 双方とも大成功でそれぞれに下記のような記録が出版された。

図6 SDMA'75記録
310頁

図7
1977年、181頁

4. 太田病院に糖尿病センター
 ジョスリン・クリニックより来日した講師はMarble博士、所長のRobert F. Bradley、教育主任のLeo P. Krall、副所長のJ. S. Soeldner、助教授のA. R Christliebの5名であった。講演後、仙台でも講演をお願いし、Bradley、Krall博士らが仙台でもお話いただいた。

 途中、郡山市で下車し、太田病院で建設中のささはら病院の糖尿病センターを見てもらうことにした。その施設は筆者の意見と阿部祐五博士の情熱が太田辰雄理事長を動かし、患者用講演室と運動療法室を造ってくださったものであった。内装はこれからというコンクリートの建物にヘルメットをかぶってKrall博士らを案内した。その大きさに驚き、どうしてこの理事長は理解があるのかと聞かれた。ジョスリン・クリニックには患者用の講義室も運動療法室もなかったのである。その年の10月15日ささはら病院新築落成記念式があり、筆者は「文明と病気と長寿」の題で記念講演を担当した。

(2005年12月03日更新)

  1. 40分かかって血糖値がでた
  2. 診断基準がないのに診断していた
  3. 輸入が途絶えて魚インスリンが製品化
  4. 糖尿病の研究をはじめる
  5. 問題は解けた
  6. 連理草から糖尿病の錠剤ができた
  7. WHOの問合わせで集団検診開始、GTTでインスリン治療予知を研究
  8. インスリン治療で眼底出血が起こった
  9. 日本糖尿病学会が設立
    そこでPGTTを発表
  10. 糖尿病の病態を探る
  11. 経口血糖降下薬時代の幕開け
  12. 分院の任期を終えて米国へ
  13. 米国での研究
  14. 2年目のアメリカ生活
  15. 食品交換表はこうしてできた
  16. 日本糖尿病協会の出発
  17. 糖尿病小児の苦難の道
  18. 子どもは産めないと言われた
  19. 発病する前に異常はないか
  20. 前糖尿病期に現れる異常
  21. 栄養素のベストの割合
  22. ステロイド糖尿病
  23. 網膜脂血症
  24. 腎症と肝性糖尿病
  25. 糖尿病者への糖質輸液
  26. 糖尿病と肥満
  27. 血糖簡易測定器が作られた
  28. 糖尿病外来がふえる
  29. 神経障害に驚く
  30. 低血糖をよく知っておこう
  31. 血糖の日内変動とM値
  32. 血糖不安定指数
  33. 神経障害のビタミン治療
  34. 糖尿病になる動物を作ろう
  35. 糖尿病ラットができた:無から有が出た
  36. 国際会議の開催
  37. IAPで糖尿病はなおらないか
  38. 日本糖尿病学会を弘前で開催
  39. 糖尿病のnatural history
  40. 薬で糖尿病を予防できる
  41. 若い人達の糖尿病
  42. 日本糖尿病協会が20周年を迎える
  43. 糖尿病の増減
  44. 自律神経障害 (1)
  45. 自律神経障害 (2)
  46. 自律神経障害 (3)
  47. 自律神経障害 (4) 排尿障害
  48. 自律神経障害 (5)
  49. 瞳孔反射と血小板機能
  50. 合併症の全国調査
  51. 炭水化物消化阻害薬(α-GT)
  52. アルドース還元酵素阻害薬
  53. 神経障害治療薬の開発
  54. 人間ドックと糖尿病
  55. 糖尿病検診と予防
  56. 中国医学と糖尿病
  57. 日本糖尿病協会の発展
  58. 学会賞
  59. 糖尿病の病期
  60. 食事療法から夢の実現へ
  61. インスリン治療と注射量
  62. インスリン治療と低血糖
  63. 糖尿病の性比
  64. 糖尿病と動脈硬化─高血糖は動脈硬化を促すか?─(1)
  65. 糖尿病と動脈硬化─高血糖は動脈硬化を促すか?─(2)